真の実践力を養う 超実学志向ビジネススクール 多摩大学大学院 真の実践力を養う 超実学志向ビジネススクール 多摩大学大学院

少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる
品川駅から2分。仕事を続けながらMBAを取得できます。

人生を切り拓く、刺激的な学びと出会い

当ビジネススクールは、実践に徹底的にこだわった【超実学志向MBA】です。第一線で活躍する実務家講師陣から、MBAの基本理論からイノベーションメソッドまでを統合的、横断的に学べます。
【少人数クラス】で丁寧に分かりやすく、インタラクティブに講義するので、本物の実践力が身につきます。特に、当校が強みをもつ【イノベーション系講座】では、デザイン思考やビジネスモデルなどイノベーション経営の重要分野をその世界の第一人者から直接教えを受けられます。

MBAコース図
イノベーターシップ
真のイノベーションを巻き起こし、世界を変えるリーダーの力量こそが、イノベーターシップです。短期の成果を出すためのマネジメントやリーダーシップだけでは、よりよい未来を創造することはできません。真のイノベーションは起きないのです。熱い思いと時代を読み切る洞察力。大胆かつ独自のアイデアを生み出す構想力。現実に真摯に向き合う中で身につける実践知。修羅場を乗り切る斬新な突破力。人々を惹きつけ、エナジャイズする場づくり力。そんな力を綜合したイノベーターシップを見つけてください。
  • 実践知考具
    マーケティングやファイナンスなどの縦割りの専門を融合した、スーパージェネラリストの知的問題解決の構えとツールを学び、実践力を鍛えます。
  • 自己実現フィールド
    もはや表層的な知識では世界での勝負に勝てません。世界最先端のベストプラクティスとビジネスモデルを探求し、専門性の深化を図ります。
  • 教養基盤
    当大学院の捉える教養とは、ビジネス構想力の基盤です。時代認識をより深め、視界を広げることで、時代を見抜く目を養い、ビジネスチャンスを広げます。
修士論文
実践知論文
実践知の集大成として、自分独自の知の体系を築き上げ、それを自分の組織の課題に応用し、解決案を提案します。複数の指導教官とひざ詰めで知を共創する道場です。
フィールドワーク
 
ケーススタディでは得られない現場の人々の生の声を聞き、現場での実践を通じて、人生を変える経験を積むことができます。今年は東北震災復興の現場体験で実践知を磨きます。

産業社会の問題解決の最先端で活躍する高度経営人材へ

プロジェクトリーダー 戦略参謀 経営トップ グローバルビジネスリダー 起業家 自立専門家

多摩大学大学院 カリキュラムポリシー&ディプロマポリシー

【カリキュラムポリシー】

本大学院は「産業社会の課題解決の最先端で活躍する高度経営人材及び高度情報人材の育成」を目的としている。

これにより、本質的な価値創造を目指してイノベーションを起こしていく組織のリーダーや起業家を育成する。各ドメインのカリキュラム編成において共通して考慮している点は、以下のとおりである。

1.多様な講義を展開

少人数制によるビジネスパーソン個々人のニーズに応じたプログラムを展開可能にしている。

2.三段階の構成

志の高いリーダーを育成するための「教養基盤」、専門性を深めながら機能横断的に専門性を広げる「経営実学基盤」、学びを実践へ活かすための「応用基盤」の構成にしている。

3.担当教員の配置

各界の経営幹部経験者を選考、招聘し一般論ではない深い実践知を伝え、将来のリーダーとしての信念を磨くことをサポートできる体制にしている。

4.修士論文の作成の重視

志の高いリーダーとしての信念と論理的思考の集大成として重視している。このため論文作成に注力できるよう「論文ゼミ」を必須と推奨する体制にしている。

さらに、修了生が同窓会での交流により実践知を深掘りすること、留学生の授業理解の支援をすること、学部生の指導による実践的リーダーシップ発揮の機会等からカリキュラムに深みを与えている。

【ディプロマポリシー】

本大学院の「一業を起こし、一業をマネジメントする」という教育目標のもと、専門能力を統合した優れた判断力と高い志、そして実行力からなる実践知を身に着け、自ら率先してビジョンを描き、イノベーションを起こしていく人材を育成する。 そのような人材を育成するための包括的なカリキュラムと実践的指導を通じて、学修・研究を行い、各講義が定めている基準に到達した学生に対して「経営情報学修士」の学位を授与している。 具体的な卒業要件としては、以下の基準を設定している。

1. 2年間で30単位以上の単位認定
2. 修士論文/特定課題研究論文の作成と審査での合格

このような基準によって、しっかりと実践知を身に着け、イノベーションを起こす準備ができた人材を輩出している。

Page top

Page top