少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。

コース・カリキュラム

ビジネスデータ
サイエンスコース(DSB)

育て、次代を担う
データ
サイエンティストたち

データを活用してビジネス現場の課題解決ができる力を
会得できるビジネスデータサイエンスコース

データを活用してビジネス現場の課題解決ができる力を
会得できるビジネスデータサイエンスコース

ビジネスの知はデータに宿る。
ビジネス現場での課題・問題を知った人と組織こそ、データから課題解決のための知を獲得できる。


今、求められるのは、ビジネスの最前線で活躍する
ビジネスパーソンがデータ活用力を身につけること。
まさに、「ビジネス」データサイエンティストが求められています。

今、求められるのは、
ビジネスの最前線で活躍する
ビジネスパーソンがデータ活用
力を身につけること。まさに、
「ビジネス」データサイエンティ
ストが求められています。

ビジネスデータ活用
ビジネスデータを活用してビジネスを語れるようになるために、ビジネス現場でのイシューを仮説化し、データを活用して解決することを修得します。
ビジネスデータ管理力
非構造化データであるビッグデータからビジネスデータとしての知見を得るために、非構造データの構造化やデータの可視化について修得します。
ビジネスデータ分析力
ビッグデータ分析は数値計算することではありません。統計的・機械学習アプローチをもとに、ビジネスデータからの傾向の発見について理論と実践から修得します。
演習
院生が解決したい課題研究テーマについて、複数教員とのディスカッションを通じてビジネスデータを活用できる思考法とスキルとデータプレゼンテーションを学びます。
ワークショップ

ビジネスで必要とされる仮説力と知見を、ビッグデータの中から発見し、現場で活用できる分析ストーリーとして構築します。

修士論文 実践知論文

ビジネス課題を解決するために、データに基づいた解決案を提案する分析ストーリーとして著わします。複数の指導教員とひざ詰めで知を共創する道場です。

産業社会の問題解決の最先端で
活躍する高度経営人材へ

分析
プロジェクトリーダ
戦略参謀
経営幹部
データ分析家
ITエンジニア

産業社会の問題解決の最先端で
活躍する高度経営人材へ

分析
プロジェクトリーダ
戦略参謀
経営幹部
データ分析家
ITエンジニア

ビジネスデータ
サイエンスコース
5つの特長

データサイエンスによる「知の再武装」を図る

多摩大学大学院は『実学』志向。少人数実践教育をもとに、ビジネスデータサイエンスを理論ではなく、武器として修得をすることを目指します。


2年を待たずに成果を得る

成果を出すのに2年も待てないということが多いはずです。月に一回(土曜日)、院生が抱える課題について発表・議論する場を確保し、「今、解決したいことは今、挑む」というスタイルを採用します。


充実の講師陣によるビジネスデータサイエンス実践

実学とサイエンスとの融合。データ分析、データマネジメントのスペシャリストに加え、コンサルティングや戦略立案などを行ってきた経験豊富な教授陣が指導を行います。


先端事例と現場で活躍中の
データサイエンティストに
学ぶ

最前線で活躍中のデータサイエンティストによるオムニバスの講義を展開することで、アカデミックとビジネスデータサイエンスの現場をリンクした学びの場を展開します。


ビジネスパーソンならではの学びをサポート

平日週2日+月1回土曜日、通学しやすい都心キャンパス(品川)で開講。ビデオ補講もあります。MBAコースの講義も受講でき、社会人の学習支援対象コースとして補助金の活用も可能です。(厚生労働省の教育訓練給付制度の対象コースです)


実践DSB講師陣からのメッセージ

実践DSB講師陣からの
メッセージ

佐藤 洋行

実際のビジネス現場でデータ活用プロジェクトに多数関わってきた経験を基に、データサイエンスの最前線とそこから得られるエッセンスをお届けします。

志賀 敏宏

ビッグデータ時代にBusynessでなくBusinessを。解析に値する目的・問題設定力と構造構築力を身につけて、Monkey Operatorでなくビジネス・データ・サイエンティストになりましょう。

久保田 貴文

ビジネス現場においてデータで語るための統計的思考力とデータの背景を把握するための実践的分析力を高め得られた結果をエビデンスとして心に響く提案をサイエンスします。

院生・修了生の声

「事業促進のためのデータサイエンス」

データサイエンスの分野は自身が勤務する会社で継続的に投資が行われるビジネス領域であるため、事業責任者として新しい視座と知識を身に着けようと就学を決意しました。TGSではこの分野で先端をゆく教授陣と実践的な授業内容に加え、同じコースで学 ぶ方々の多彩な経験や知識から得るインサイトが日々の業務遂行に大きく役立っています。具体的なビジネス上の課題を持つビジネスパーソンが「データサイエンス」というアプローチを通じて課題解決の糸口を発見し、実践できることがこのコースの一番の魅力だと思います。

日本マイクロソフト株式会社 クラウド & エンタープライズ ビジネス本部 業務執行役員 本部長

佐藤 久さん

「実践的なデータサイエンスを学ぶ」

学問としてはもちろん、ビジネスの現場で使うための実践的なデータサイエンスを学んでいます。理論だけを学ぶなら1人で十分でしたが、分析結果の見せ方や活用の仕方までを少人数で踏み込んでディスカッションするので、この大学院を選んで良かったと思い ます。
私は大学に通った1年間で、スキルの面でも経験の面でも大きく成長することができました。

株式会社ロックオン マーケティングメトリックス研究所 所長

松本健太郎さん

「贅沢でお得な社会人大学院」

データサイエンスの専門家と顧問契約しているかのように問題解決にお付き合いくださり、また家庭教師のように丁寧に教えてくださる大学院です。
仕事で抱えている問題の持ち込み大歓迎という雰囲気で、リアルな業務を題材に学べるため、学習効果も非常に高いと思います。
「ブランド」を取るなら他の大学院へ、「実」を取るならこの大学院がおすすめです。

T.Oさん(会社経営)

「実践的なカリキュラムで着実に成長できていると実感」

「統計学」を思考法や道具として、ビジネスで活用するための実践的なカリキュラムで、知見ゼロから着実にデータサイエンティストへ成長できていると実感しています。

Y.S.さん (Webマーケッティングマネジャー)

「一流の外部講師の特別講義、検定対策、補講等のサポートも充実」

データサイエンスを用いた新ビジネス立ち上げに必要な知識を得るために入学しました。理論と実践のバランスが絶妙の、よく練られたカリキュラムです。学問的にも一定水準を保つ統計学を学びながら、Rを使ってケーススタディーで応用し、最終的には個々の仕事の課題に結びつけるというプロセスを踏んでいくことができます。教授陣は親身に学生の問題意識に応えてくれ、一流の外部講師の特別講義や統計検定対策、Rプログラミングの補講等のサポートも充実しており、非常に有意義かつお得なコースです。

T.S.さん(経営コンサルティング)

理論だけではなく、現実で得られるデータを使って
経験的に統計を学ぶことができる

数学が苦手で統計が難しいと考えているビジネスパーソンは多いと思いますがビジネスICTコースでは数学が苦手な人であっても先生方が丁寧に教えてくれるので安心して学んでいけます。
また講義ではRやRStudioといった分析ソフトウェアを使って講義が行われるので理論だけではなく現実で得られるデータを使って経験的に統計を学ぶことができるのも本コースの特徴だと思います。講義で学んだことが実際のデータ分析業務で活用できることが実感できるコースです。

Y.H.さん(SE)

統計学の世界でも第一人者といえる豪華な教授陣、魅力的な外部講師

大学院ビジネスデータサイエンスコースですが、授業の内容は基礎からはじまり、演習を交えることで、理解を深めていきます。統計学の世界でも第一人者といえる豪華な教授陣が丁寧に教えてくれます。
また、学問の世界だけでなく、実際のビジネスの世界において第一線でデータ分析をおこなっている方もいらっしゃるため、実際のビジネスにつかえる統計という部分が学べることも非常に大きなメリットです。
もう一つの魅力が外部講師です。話題のデータサイエンティストの方が外部講師として授業をおこないます。この大学院でなければ得られない内容です。
個人的なことですが、中学・高校と数学が苦手で、数式の意味するところが分かりませんでしたが、何となくですがわかるようになりました。
理論と実践のバランスがよいカリキュラムとなっている非常にいいコースです。

Y.H.さん(SE)

Page top