多摩大学大学院は、自分の夢や目標達成を目指す社会人のための「結果を出す実践スキル」に徹底的にこだわった超実学志向ビジネススクールです。

受講生数の多いボリューム志向のビジネススクールとは異なり、親身な指導を受けられる少人数クラス制が特色です。ビジネスの第一線で活躍する実務家講師陣による、少人数クラスならではの濃厚な指導によって、結果を出すためのビジネスの実践知をじっくり学べます。また、平日夜と週末にプログラムが組まれているので、仕事を続けながらMBA(経営学修士)を取得できます。

現在、当校入学にご関心のある方を対象に体験講座と説明会を開催中です。実際の人気講師から講義のエッセンスを直接学ぶことができ、大学院のプログラム内容全体や特長も分かります。ぜひご参加ください!

本物の実践力が身につく、
多摩大学大学院MBAを
この機会に、是非ご体験ください!

体験講座&説明会の
概要と流れ

令和元(2019)年9月入学を検討されている方を主な対象とし、「体験講座+大学院説明会」を開催しております。

ビジネスで結果を出すための本物の実践スキルが身につく、少人数クラスで濃く深く学べる、多摩大学大学院 経営情報学研究科のエッセンスをぜひご自身で体験してください!

【注意】修了生及び在学院生の参加は、ご遠慮いただいております。

講座参加の流れ

多摩大学大学院での学びで何が得られるのか、プログラム概要や特長、他ビジネススクールとは異なる強み等について説明いたします。 また、令和元(2019)年9月入学の試験の概要を説明いたします。
時間
19:30 ~ 20:00 ( 土曜・日曜 14:00~ 14:30)
ビジネスの最前線で活躍する教員による講義のエッセンスが体験できます。どんな講師が何を教えるのかを直に知ることができます。 ※体験講座は無料です。
時間
20:00 ~ 21:00 ( 土曜・日曜 14:30~ 15:30)
当日の内容についてだけでなく、多摩大学大学院における学びやカリキュラムについてなど、幅広いご質問やご相談を個別ブースにて自由にご質問いただけます。
時間
21:00 ~ ( 土曜・日曜15:30~)

開催時間

会場

多摩大学大学院 品川サテライトキャンパス

東京都港区港南2-14-14 品川インターシティフロント5階
(品川駅港南口から徒歩1 分) TEL 03-5769-4170( 代)

体験講座のご紹介

なぜこれからのリーダーはリベラルアーツが必要か?
-編集工学的アプローチ-

開催日
07/24[水]
客員教授
佐藤 勝彦
資本主義・民主主義が大きな曲がり角に来ている。いくら経営学、経済学、法学、会計学あるいはマーケッティング理論などを学んでもこの混迷の“解”は見つかりそうにない。未来が不透明、不確実、曖昧な今こそ大きな志と深く、広い教養力そして豊かな人間力がグローバルリーダーに求められている。松岡正剛氏の提唱する“編集工学”アプローチを切り口に森羅万象に向き合う。

デジタル経営時代の意思決定とデータ分析

開催日
07/25[木]
准教授
佐藤 洋行
近年、データをビジネスに活用したい、というニーズは高まる一方です。そのためのツールなども日進月歩で発展しています。一方で、データ活用に関するいくつかのアンケートをみても、データを満足に活用できていると感じている企業はそれほど多くないようです。私は、その理由のひとつを、データ分析を意思決定に結びつける術を知らないからではないか、と考えています。本講座では、意思決定においてデータが果たす役割について論じ、データ分析を意思決定に結びつける方法についてご紹介します。

データ志向の問題解決:本当に知りたいことを求めよう
-EfficiencyでなくEffectivenessをー

開催日
07/28[日]
教授
志賀 敏宏
貴社の「効率化努力」は効果的な問題解決になっていますか。「本質は変わらず」ではありませんか。本庶佑先生は「一番大切なことは、自分が本当に何を知りたいか、いつも意識している。何ができるかに逃げないでおこう。」と強調されます。また、事実は問題解決の出発点ですが、「平らな地面」(事実)を這い続けて、「丸い地球」(真実)にたどり着けるでしょうか。効果的、創造(真実発見)的な問題解決の勘所をお伝えします。

データサイエンスを武器とする企業とは?

開催日
07/30[火]
客員教授
前田 英志
多くの企業がデータサイエンスを武器とする企業への変革にトライしていますが、成功している企業は一部に過ぎず、大半が同じ罠にはまり苦しんでいます。成功事例、失敗事例の中から、データサイエンスを武器とする企業への変革の3つのポイントを示します。

令和元年!中小企業の事業承継問題について考える

開催日
08/03[土]
客員教授
藤本江里子
新聞などのメディアでは、毎日のように事業承継関連のニュースが取り上げられ、“事業承継”という言葉を見ない日はないくらいになっています。まさに日本はいま、“大事業承継時代”に突入しており事業承継の円滑化は喫緊の課題となっています。体験講座では、日本の事業承継の現状について概観し、そもそも事業承継とは何なのか? 事業承継で何が問題になっているのか? 等について、皆さんと一緒に考えたいと思います。

ビジネスモデル・イノベーション実践法

開催日
08/05[月]
教授
河野 龍太
商品レベルの差別化が容易でない中で、ビジネスモデルで競争優位を築く戦略への関心と注目が世界的に高まっています。この体験講座では、ビジネスモデル・イノベーションの戦略と多くの導入実績のある実践的なデザイン方法を学ぶ私の講義「ビジネスモデル・イノベーション」の概要やポイントを具体的事例も交えながら分かりやすくご紹介いたします。

ファイナンスの考え方

開催日
08/06[火]
教授
宇佐美 洋
ファイナンスは世界中のどのビジネススクールでも必須の科目として教えられています。ですから、MBAをもつビジネスマンの間では、一種の「世界共通語」になっています。つまりその心得がないと、対等の立場での交渉や話はできません。本講座では、「知の再武装」のためにファイナンスを強力な武器にできるための「考え方」をお話しします。

ルール形成戦略概論

開催日
08/08[木]
教授
國分 俊史
ルール形成戦略の概念を、社会課題解決、通商政策、標準化、安全保障経済政策、科学技術外交、新資本市場との間でどのような視座から着想し、どのようにして実現していくのかを解説します。また、現在の日本企業におけるルール形成戦略の実態と人材面の課題や政府の取り組みについても解説し、まだ日本では十分に認知されていないMBAルール形成戦略コースの修了者が描けるキャリアプランも説明します。

イノベーション経営の時代

開催日
08/09[金]
教授
紺野 登
イノベーションは流行語だ。中には「イノベーション疲れ」「イノベーション難民」といった言葉すらあるようだ。背景にはイノベーションが一体何かが定まっていないことがある。新規事業のことだ、とか大組織にはできない、といった多様な見解がある。しかし、今、グローバルにはイノベーションは経営の中枢に位置づけられるものとなっている。日本企業の閉塞感を破るにはイノベーション経営への転換が不可欠だ。

マーケティング・マネジメント概論

開催日
08/19[月]
教授
河野 龍太
ものが売れない時代に経営の成長エンジンをつくるマーケティングの重要性が増しています。企業のミッションやビジョンから商品の価値やメッセージまでを一貫させ、顧客とのさまざまなタッチポイントでストーリーのある経験価値を届けるにはどうすればいいのか。現代のマーケティングの課題と方向性を踏まえながら、マーケティングの専門家ではないビジネスリーダーが習得すべきマーケティング・マネジメントのエッセンスを学ぶ当講義の概要をご紹介します。

データ活用入門 データを要約するには

開催日
08/20[火]
教授
今泉 忠
マーケティングリサーチなどでアンケートデータなど活用して顧客を分類するなどして次の施策を検討することが多い。本講義では,そのような場合に用いられることが多い因子分析を用いた活用法について講義する。

イノベーターシップとMBB(思いのマネジメント)による変革リーダーの育成

開催日
08/21[水]
教授 ・研究科長
徳岡 晃一郎
多摩大学大学院のカリキュラムのコンセプトは「イノベーターシップ」です。イノベーターシップとは、熱い思いと実践知で現実を変えてイノベーションを起こしていくリーダーの力量です。今や日本は良質なイノベーションがないと生き残れません。そのためには、日本を支える私たち一人ひとりが自分の現実に向き合い、果敢に挑戦することが重要です。そんな熱い思いを持つあなたのために、イノベータシップの勘所をお伝えします。

本物の実践力が身につく、
多摩大学大学院MBAを
この機会に、是非ご体験ください!

参加者の声

「イノベーターシップにて、 自分を変える・会社を変える・世の中を変える!」

2015 年9 月入学
MBA コース (株)JTB 経営企画部 事業開発室 
小林 等さん

昨年の夏にビジネススクールを検討。いくつかの他のスクールと比べた中で、体験講座に参加し多摩大学大学院のプログラムコンセプトの「イノベーターシップ」の考えに衝撃を受けました。 「イノベーターシップ」とは、マネジメント、リーダーシップを超える第三の力であること。体験講座にてこの考えを聞いて、まさに自分を変えられる、そして会社を変えられる、その先に世の中を変えられるという自信がフツフツと湧きました。そして、その後すぐに入試担当の方に個別相談をさせていただき、受験を決意しました。①5名~20名の少人数授業 ②実践家の教授陣 ③品川駅直結の好立地、この3つのポイントは確実に在学している自分にとってもプラスと感じています。まずは体験講座に参加して、多摩大学大学院のユニークな魅力をぜひ体験してみてください。

「ビジネスの現場で鍛えられた知恵
と親身さを
実感しました」

2016 年4 月入学
MBA コース 日本電気株式会社(NEC) 
川邉 理恵さん

私は自身の会社のグループビジョンの1つである、『共創』といった理念を愛しています。新しい価値を創出してくことは、自らが想いを持って先導し、多くの人と1つの方向に向かって共に歩みを進めていくことが必要です。この時、リーダーシップとイノベーターの資質を兼ね揃えた『イノベーターシップ』の考え方がその時の自分の心に響き、多摩大学大学院の門をたたくことを決意しました。講師の方々が今も第一線で活躍されており、自身の想いや実体験も加えた上で、ビジネスの現場で鍛え抜かれた『実践知』を学べることが何よりの魅力でした。体験講座では上記を実感出来るとともに、少人数での学びの場の為、親身になって智恵を授けようとしてくださる多摩大学大学院ならではのあたたかさも感じることが出来ます。いつの世の中も、人を動かすのはやはり人です。この人のもとで学びたいという師に出会い、よりよい社会・未来を想像するといった大きな目的に向かって、自身の中に眠るイノベーターシップの芽を一緒に育てていきませんか。

体験講座で自分で確かめたことで、 安心して大学院選びができました

2016 年9 月入学
MBA コース 株式会社フィールドフォー・
デザインオフィス 
大久保 敏之さん

総合建築会社のデザイナーとして「モノ創り」に係わるなか、形を産み出すにはビジネスの仕組みや、「コト創り」も大切と感じていました。そのような中、「イノベーターシップ」のコンセプトに出会い、デザイン思考とビジネスとの融合に最適なビジネススクールと考え、体験講座に参加しました。講座では現役で活躍する先生ならではの自身の体験と共に語られる理論と、その後の個別相談では勉強方法やカリキュラムとキャリアアップとの関連について長い時間をとっていただけたことで安心して入試に向けた準備ができました。 入学して最も驚いたことは、少人数授業での講師との近距離コニュニケーションです!独学や業務からだけでは得られない貴重な経験を皆さんと共有できることを楽しみにしてます。

本物の実践力が身につく、
多摩大学大学院MBAを
この機会に、是非ご体験ください!

Page top

Page top