少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。

多摩大学大学院MBAとは

学長・研究科長メッセージ

学長・研究科長メッセージ

学長メッセージ

学長メッセージ

“現代の志塾”として また社会人大学院の成功事例とも称される大学院として

 “現代の志塾”として、また社会人大学院の成功モデルと評価される大学院を目指して社会人向けMBAコースを開設以来20年余、多摩大学大学院は730名を超す有為な人材を世に送り出し、すでに当該分野で中核的な地位を占める人材も多く、社会に対し一定の役割を果たしていると言っても過言ではないでしょう。それは、実際に企業経営の現場に立ってきた経験豊富な教授陣による実践の成果であると自負しております。
 私自身は、第一次石油危機の起きた1973年に三井物産に入社し、以来36年間、経営情報と企画を担当してきましたが、私自身の人生を変えることになったイランにおける石油化学プロジェクト(IJPC)には思い出深いものがあります。1979年にイラン革命、翌年にイラン・イラク戦争が勃発、このプロジェクトは今でもハーバードビジネススクールのMBAコースで、カントリーリスクを学ぶ際のケーススタディとして必ず登場します。
 当時の私はイスラエルのテルアビブ大学、ロンドンの国際戦略研究所、ワシントンのブルッキングス研究所を行き来し、ホメイニ政権下でいかにこのプロジェクトを乗り越えるかという課題に専心していました。結果として三井グループは大きな教訓を残してこのプロジェクトからの撤退を余儀なくされたのですが、このプロセスにおいて「課題解決型の企業経営」の重要性を思い知らされました。
 本大学院の果たすべきこれからの役割を考えるとき、世界潮流の変化に目を向けないわけにはいきません。その一つは、アジアダイナミズムであり、もう一つが、ビッグデータ・AI時代の到来です。ビジネスの世界に身を置く諸氏の中には、このことを実感されている方も多いことでしょう。
 多摩大学大学院は、MBAをベースとして困難な課題に立ち向かっていく力を持った人間を生み出し、さらに専門性の高い分野として、DSB(ビックデータとAI)、医療、金融、NPO・NGO、観光・ホスピタリティ、そしてルール形成戦略(RSP)などの専門を身につけることができます。
 本学の教授陣は現実との対峙から得られた貴重な経験を実際に役に立つ形に体系化し、マネジメントの本質を追究しています。新しいビジネスを生み出す情熱と“志”を持った社会人たちと相まみえることに期待を膨らませています。
 あなたも多摩大学大学院で“知の再武装”を試みませんか。知の武装なしに、これからの時代を主体的に生き抜くことは困難です。

多摩大学学長(2009年度より)
寺島 実郎

1 9 4 7 年北海道生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了後、三井物産入 社。米国三井物産ワシントン事務所長、三井物産常務執行役員、早稲田大学大学院ア ジア太平洋研究科教授等を歴任し、現在、一般財団法人日本総合研究所会長のほか、 文部科学省 日中韓大学間交流・連携推進会議委員、同省 グローバル人材育成推進 事業プログラム委員会委員、同省 大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業プ ログラム委員会委員、経済産業省 資源エネルギー庁総合資源エネルギー調査会基本 政策分科会委員、国土交通省 国土審議会計画推進部会委員、スーパー・メガリージョ ン構想検討会委員等兼任。 1994年石橋湛山賞受賞。2010年4月早稲田大学名誉博士学位。近著に、『ジェロントロ ジー宣言 「知の再武装」で100歳人生を生き抜く』(NHK出版新書)、『(寺島実郎監 修)全47都道府県幸福度ランキング2018年版』(東洋経済新報社)、『ひとはなぜ戦争を するのか 脳力のレッスンⅤ』(岩波書店)、『ユニオンジャックの矢 大英帝国のネッ トワーク戦略』(NHK出版)。その他に、主な書著は、『寺島実郎 中東・エネルギー・地 政学―全体知への体験的接近』(東洋経済新報社)、『二十世紀と格闘した先人たち― 一九〇〇年 アジア・アメリカの興隆』(新潮社)、『新・観光立国論― モノづくり国家を超 えて』(NHK出版)、『何のために働くのか―自分を創る生き方」(文春新書)、他多数。

研究科長メッセージ

研究科長メッセージ

「知の再武装」に挑戦し、自分のNext Stepに踏み出そう 多摩大学大学院 研究科長 徳岡 晃一郎

 みなさんはきっと現状を転換したい(transform reality)という強い思いをもって、この冊子を開いているのだと思います。現実の社会には多々不条理があります。たとえば、
• 常識を破ってイノベーションを起す社員がいない
• 責任者が火中の栗を放置し、ズルズルと問題を引きずる
• 組織の利害関係に阻まれ、斬新な新商品を開発できない
 このような不条理に挑戦したいという皆さんのようなリーダーのための必須の力を、当大学院では「イノベーターシップ」と表現しました。それは、「現実を転換しようという熱い思いとしたたかな実践知」です。現実社会のなかで悩み、鍛えられた社会人のみなさんには高い潜在力と深い問題意識が備わっているはずです。それを自分の中に閉じ込めず、社会人大学院という「共創の場」へと一歩踏み出し、知を再武装して自らの内に眠る才能を開花させてください。
 その伴走をするのは、独自の知の体系を構築し現場で活躍中の教授陣です。300冊以上の出版を誇る70名以上の実務家教授陣は日本随一の水準です。私たちとともにイノベーターシップを鍛え、よりよい未来を創っていきましょう。

多摩大学大学院 研究科長
徳岡 晃一郎

東京大学教養学部国際関係論卒。日産自動車人事部、欧州日産を経て、2009年よりコミュニケーションコンサルティングでは世界最大手の米フライシュマン・ヒラードの日本法人のSVP/パートナー。人事制度、風土改革、社内コミュニケーション、レピュテーションマネジメント、リーダーシップ開発などに従事。著書に『MBB:思いのマネジメント』(野中郁次郎名誉教授、一條和生教授との共著)、『ビジネスモデルイノベーション』(野中名誉教授との共著)など多数。

Page top