教員紹介

真野 俊樹

(Mano Toshiki)

職名 教授
担当科目

ヘルスケアと介護の現状と未来を考える、ヘルスケアと介護業界の最新のマネジメント、医療介護領域の実践知を学ぶ、論文演習 他

ホームページ

真野教授のブログはこちら

教員実績 mano_2017.pdf


動画メッセージ

メッセージ

1987年名古屋大学医学部卒業。医師、医学博士、経済学博士、MBA。 臨床医を経て、95年9月コーネル大学医学部研究員。外資系製薬企業、国内製薬企業のマネジメントに携わる。同時に英国レスター大学大学院でMBA取得。その後、国立医療・病院管理研究所協力研究員、昭和大学医学部公衆衛生学(病院管理学担当)専任講師を経て、2005年6月多摩大学医療リスクマネジメント研究所教授就任、その後現職。東京医療保健大学大学院客員教授、財団法人医療機器センター客員研究員、JA共済総研客員研究員。2004年、京都大学にて博士(経済学)取得。

現在の公職:厚生労働省独立行政法人評価に関する有識者会議 WG構成員(座長)、東京都立病院経営委員会委員、厚生労働省外国人患者受け入れ基盤整備事業推進委員長、公益法人日本生産性本部日本版医療クオリティクラブ(JHQC)運営委員長など
過去の公職:行政刷新会議 規制・制度改革に関する分科会ライフイノベーションワーキンググループ委員、日本小児科医会 国際委員、その他厚生労働省、経済産業省、総務省、NEDOなどの検討会、評価会委員、座長、日本医師会病院委員会委員長など

プロフィール

1987年名古屋大学医学部卒業。医師、医学博士、経済学博士、総合内科専門医、MBA。臨床医、製薬企業のマネジメント、大和総研主任研究員などを経て、多摩大学医療・介護ソリューション研究所教授。東京都病院経営評価委員、厚生労働省独立行政法人評価有識者委員などを兼務。医療・介護業界にマネジメントやイノベーションの視点で改革を考えている。

最新情報

■所属団体
日本医療病院管理学会評議員 医療バランストスコアカード研究学会評議員、医療経営学会評議員、DPCマネジメント研究会代表幹事 医療マネジメント学会評議員など

■資格

医師、日本内科学会認定専門医、

FACP(米国内科学会認定専門医会上級会員)

■メディア出演等
NHKスペシャル、クローズアップ現代、NHKBIZスポワイド、日本テレビ世界一受けたい授業、おもいっきりDON、テレビ朝日爆笑問題と国民の先生教えてください、主治医ができる診療所、みのもんたの朝ズバ、TV朝日サンデーフロントラインなど、産経新聞患者心得帳(約1年半連載)、週刊エコノミスト、アエラ、東洋経済、週刊ダイヤモンドなど新聞等取材多数。