少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。
MENUMENU

 

2012年後期 第14回経営実学志塾を開催いたします

イベント

2012年後期 第14回経営実学志塾を開催いたします

2013年1月12日

イベント

2012年度後期第14回イベントを開催いたします。 今までは「公開講座」として実施をしてまいりましたが、ご参加いただいた方から「実際の大学院の講義に近い形で実施して欲しい」との声が数多く寄せられましたので、「経営実学志塾」と名称変更し、より普段の講義スタイル(インタラクティブ)に近い形で実施させていただきます。
さらにご参加いただきます方により充実したお時間を過ごしていただくために各回定員制(20名)とさせていただきました。

また、本大学院へのご入学をご検討されていらっしゃる方は志塾開始前に個別相談会の時間を設けております。下記スケジュールをご確認の上、ご希望の方は少しお早めに品川キャンパスへお越しくださいませ。
皆様の積極的なご参加をお待ちいたしております。

テーマ 「物流部門の役割を問い直せ!」

松本忠雄 特任教授

■学生さんへのメッセージ■

各企業における物流部門には何が期待されているのであろうか。企業が求める機能は十分に果たされているだろうか。
かつては原材料、製品等の物資を滞りなく効率的に保管や輸送することであった。しかし、1990年代後半からはSCMの概念に沿って、企業間の同期連携のもと、在庫を適正化し、企業のキャッシュフローを生み出すことによる競争優位の獲得が求められている。
このような状況にあって、従来の物流部門の役割は大きく変貌を遂げている。
今回の公開講座では、物流部門がSCMの構築と運営の中心的役割を担うために必要な考え方や技術について議論を進める予定である。


<開催概要>

松本忠雄 特任教授

  大阪大学理学部化学科卒。同大学院理学研究科博士課程中退。花王(株)に入社。栃木総合研究所長、川崎工場長を経て、取締役ロジスティクス部門統括を歴任。この間、花王システム物流(株)および花王ロジスティクス(株)代表取締役社長を務めた。社外では、JILS、国交省、経団連の委員会等において活動した。その後、イオン(株)の特別顧問として活動した。現在は(独)中小企業基盤整備機構東北支部にて経営支援アドバイザーを兼務。  

参加費 : 
開催日 : 
時間 : 

無料
2013年2月1日(金)
18:00〜19:00 入学等に関する個別相談(希望者)
19:00〜20:30 経営実学志塾
20:30〜入学等に関する個別相談(希望者)
場所 : 
多摩大学大学院 品川サテライトキャンパス

Page top