少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。

コース・カリキュラム

MBAルール形成
戦略コース(RSP)

育て、社会システムを
変革するイノベーター

MBAルール形成戦略
(Rule-Making Strategy Pr ofessional)コース創設の背景

MBAルール形成戦略
(Rule-Making Strategy Professional)コース創設の背景

國分 俊史
多摩大学大学院 教授
MBAルール形成戦略コース長

 革新的なイノベーション、社会課題解決型事業モデルへの変革は、グローバル市場での成長には不可欠であるという認識は共有されています。しかし、既に20年近く日本から世界を変えた巨大なイノベーションは誕生していません。
 革新的な技術は得てして既存の市場のプレーヤーを無価値化したり、規制が無意味化します。しかし、既得権益の抵抗や、規制当局との議論を制することができないために市場化に失敗する例が少なくありません。社会課題解決型事業モデルも同様です。社会課題を解決するためには既存のバリューチェーンや産業構造の問題を解決する視点から新たなエコシステムを創り上げることが必要であり、変革を定着させる政策も動員していくことが不可欠です。しかし、エコシステムの改革では、関係する規制当局や利害関係者が多岐に渡り、広範なステークホルダーのマネジメントをやり切れないために頓挫してしまうのが典型的なパターンです。
 このような課題に陥ってしまう理由はルール形成戦略という戦略思考の欠落と、ルール形成戦略をやり遂げるために不可欠な組織体制の構築や戦略的な経費予算の資源配分が不十分なことに起因します。日本企業はルールに対して基本的に受け身です。「ルールは政府が作るもの」という意識であるため、ルールの変化に迅速に適応することを初動とする経営姿勢が染み込んでしまっています。結果、ルールを構想する段階から能動的に参画する意識が欠落し続けています。
 一方、欧米企業はより良い世界を形作るうえでルールは常に革新されていくものであるという前提に立ち、企業と政府の立場に関係なく、あるべきルールを議論することは責務であるという認識を持っています。このマインドセットの違いが日本企業と欧米企業の成長速度の差を生み出しています。重要なポイントはこうした思想が欧米企業だけでなく、昨今は新興国の企業にも定着している点です。特に国を挙げて2006年からイノベーション政策に取り組み始めた中国は国家自らが新時代のルール形成者を標榜していることもあり、新興企業の経営者においてもそうしたマインドが定着しています。
 日本も政府レベルで日本企業のルール形成戦略力を強化する必要性が強く認識され、2014年7月には経済産業省にルール形成戦略室が誕生したほか、2014年末には日本再興戦略においてルール形成戦略への取り組み強化が明文化されました。
 このような理由から、多摩大学大学院ではルール形成戦略を担える人材育成は不可欠かつ急務と判断し、日本で初めて、ルール形成戦略の立案ナレッジ、政策立案プロセスへの深い理解、そしてポリシーメーカーとの人的ネットワークまで得られる極めて実践的な「MBAルール形成戦略コース」を開設することにしました。

國分 俊史

多摩大学大学院 教授、ルール形成戦略研究所所長
デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員、
パシフィックフォーラムCSIS シニアフェロー

早稲田大学大学院公共経営研究科修了。IT企業の経営企画、シンクタンク、A.T. カーニー プリンシパルを経て現職。社会課題起点のルール形成戦略の第一人者として通商政策の支援や政・官・民連携によるイシューエコシステム作りを様々な社会課題について推進。また、社会課題が安全保障に係るテーマであることからも、安全保障経済政策のアドバイザーとして政府の委員等も歴任。日本企業の弱みである安全保障経済政策やルール形成を切り口としたグローバル戦略の立案から世界各国のポリシーメーカーとの連携まで取り組んでいる。

書籍

書籍

『世界市場で勝つルールメイキング戦略 技術で勝る日本企業がなぜ負けるのか』

日本にとっての「ルールメイキング戦略」の必要性を政産官学の多面的な視点から体系化した書籍、「世界市場で勝つルールメイキング戦略 技術で勝る日本企業がなぜ負けるのか」が朝日新聞出版より刊行されました。
本書は、本研究所の客員教授陣が共同執筆したものです。各執筆者が、政産官学のそれぞれの立場での深い専門性に基づき、日本企業がルールをつくる側に思考を転じ、グローバル競争においてルールメイキング戦略(=ルール形成戦略)を能動的に構想し、実践していくための視座を提示しています。

本書概要

編著者: 國分俊史、福田峰之、角南篤
構成:
【第1章】なぜ今、ルールメイキング戦略なのか?(國分 俊史)
【第2章】ルールで市場を囲い込む欧米、取り残される日本(藤井 敏彦)
【第3章】企業経営における標準化とルールメイキング戦略(市川 芳明)
【第4章】経営戦略としてのルールメイキング戦略の方法論(羽生田 慶介)
【第5章】社会課題を成長機会に転じるルールメイキング戦略(國分 俊史)
【第6章】安全保障経済政策とグローバルルールメイキング(福田 峰之、國分 俊史、河本 孝志)
【第7章】科学技術外交と国際ルールメイキング(角南 篤)
【第8章】日本の政治家が世界でルールメイキング力を高めるために必要な施策(福田 峰之)
【第9章】ルールメイキング能力を担う「イノベーターシップ」(徳岡 晃一郎)
【第10章】ルールメイキング戦略を組織的に推進する「コーポレート・アフェアーズ」機能(金山 亮)
価格: 本体2,000円(+税)
ISBN: 9784023315648

MBA ルール形成
戦略コースの全体像

MBAルール形成戦略コースで得られるスキルとは

MBAルール形成戦略コースで
得られるスキルとは

革新的な技術や製品、社会課題解決型事業モデル、それらが世の中に受け入れられる市場の新たなルールまで自ら構想し、組織力を動員してポリシーメーカーに対して適切なチャネルでアドボカシーを展開して市場を創造する再現性のあるスキルを得ることができます。

MBAルール形成戦略コースで学ぶルール形成戦略の構成要素

MBAルール形成
戦略コースで学ぶルール形成
戦略の構成要素

MBA ルール形成
戦略コースの特長

政産官学からルール形成
戦略の第一人者が結集する
教授陣

現役の政治家、官僚、学者、経営戦略コンサルタント、民間企業のルール形成戦略担当、マスコミの政治・報道部担当から構成されており、リアルタイムで進行中の最前線のルール形成の情報を織り交ぜたルール形成戦略のアプローチが学べる唯一無二の場です。


在学中および修了後も
ルール形成戦略研究所の
客員研究員として
研究所の活動に参画

ルール形成戦略研究所では既に様々なルール形成に取り組んでおり、いくつかの研究会が発足しています。在学生および修了生は客員研究員として所属することができ、ルール形成に様々な立場で参加することができます。


日本で初めて外交、軍事、通商を一体化した授業
である
安全保障経済政策

を体得

海外の安全保障経済政策シンクタンクのネットワークを有効活用し、座学およびフィールドワークを通じて安全保障経済政策をルール形成戦略という視点から読み解く実務的なノウハウを体得します。


実践的なフィールドワーク
を通じたポリシーメーカー
との
ネットワーク構築と

政策形成プロセスへの
深い理解

議員事務所でのインターンを通じた政治家目線からの政策形成プロセスの理解、コンサルティングファームでのルール形成戦略プロジェクトへの参画を通じた戦略構想の経験、海外の政策シンクタンクの訪問によるグローバルなフィールドでのルール形成の実践を経験することができます。


ルール形成戦略研究所の体制

ルール形成戦略研究所の体制

所長國分 俊史

デロイト トーマツ コンサルティング執行役員 パシフィックフォーラムCSISシニアフェロー・多摩大学大学院教授

顧問兼シニアフェロー甘利 明

衆議員議員(前経済再生担当大臣・TPP担当大臣・経済産業大臣)

副所長徳岡晃一郎

多摩大学大学院 教授・研究科長
(フライシュマンヒラード パートナー)

客員教授陣

福田 峰之
衆議院議員(前内閣府副大臣)


藤井 敏彦
(関東経済産業局長)

元通商政策課長、WTO通商政策の専門家であり経産省通商政策局にルール形成戦略室を創設


角南 篤
(政策大学院大学副学長 内閣府参与)

外務省 科学技術外交推進委員、文部科学省 科学技術審議委員、内閣府総合科学技術・イノベーション会議基本計画委員として技術革新に伴うルール改革に従事


市川 芳明
(日立製作所)

社会イノベーション協創統括本部 チーフアーキテクト室長でISO議長経験多数


羽生田 慶介
(デロイト トーマツ コンサルティング)

元経済産業省通商政策局にてFTA・EPA交渉を担当。現在はデロイト トーマツ コンサルティングのパートナーとして ルール形成政策の政府アドバイザーおよび日本屈指のルール形成専門家としてテレビ・新聞多数


井形 彬
(パシフィックフォーラムCSIS研究員)

安全保障政策の専門家として多くの委員会や研究プロジェクトに従事し、米国の著名な専門家との親交も深い


岡田 宏記
(フジテレビ)

長年にわたって報道・情報系の番組プロデューサーを務め、メディアと政策形成の専門家


米谷 三以
(経済産業省通商政策局通商法務官)

元経済産業省通商政策局国際法務室長、元世界貿易機関(WTO)法律部法務官。WTO、FTAなどの国際経済法、特にWTOにおける紛争解決手続きを専門とする

修了後の
キャリアパスについて

民間企業に在籍している社会人の方の場合

民間企業に在籍している
社会人の方の場合

民間企業に在籍している社会人の場合は、所属企業の渉外部において即戦力として活躍できる人材になることができます。役職者の場合は自らが中心となってルール形成戦略室を立ち上げて経営戦略として取り組める経営人材になることができます。

学卒からの修了者の方の場合

学卒からの修了者の方の場合

学卒からの修了者は経営コンサルティングファーム、官公庁、国際機関、民間企業の経営企画部、ルール形成戦略室、政策提言チーム、渉外部、CSR部、研究開発部、知財管理部、マーケティング部など、多様なキャリアが期待されます。いずれにしても、日本にはこれから不可欠な人材ながらも供給が足りてない差別化されたキャリアを形成することが期待できます。

民間企業に在籍している社会人の場合

・ルール形成戦略室に
おける経営人材

民間企業に在籍している社会人の場合

・経営コンサルティング
ファーム
・官公庁
・国際機関
・民間企業

経営企画部
政策提言チーム
CSR部
知財管理部
ルール形成戦略室
渉外部
研究開発部
マーケティング部

MBA ルール形成
戦略コースの
履修科目体系

MBAルール形成戦略コース履修科目のポイント

MBAルール形成戦略コース
履修科目のポイント

MBAルール形成戦略コースの座学講座の概要

MBAルール形成戦略コースの
座学講座の概要

社会課題起点の
ルール形成戦略論

國分 俊史 教授

社会課題を解決するイシューエコシステム設計とグローバル市場へのルール形成アプローチを理解し、事業成長に応じて社会課題解決力も高まるビジネスモデルが構想できるようになる。

国際通商ルールと経営戦略
(経済連携協定(FTA・EPA)と経営戦略)

羽生田 慶介 客員教授

TPPをはじめとする経済連携協定・自由貿易協定がビジネスに与える影響を詳細に理解し、効果的な対応により企業収益を即座に上げる手法を身につける。

ルール形成産業構造論

羽生田 慶介 客員教授

ルール形成と企業収益・産業競争力の関係を網羅的に紐解く。企業経営者に対し、ルール形成の必要性・有効性を「収益」を結語にした論調で説明できるようになる。

安全保障経済政策

國分 俊史 教授 / 井形 彬 客員教授

米国リバランス、人権外交、自然災害対処、北極海航路などについて、国家間の外交事項として傍観者になるのではなく、経営戦略の機会に転じていく能動的関わり方の視座を持つ。

ルール形成とメディア

ルール形成戦略研究所 客員教授

現代の様々な社会制度が形成された経緯とメディアが果たした役割を理解する。今後の社会課題の解決に向けてメディアの足らざる点と為すべきことを学び、未来に向け具体的な施策をも構想できるようになる。

ルール形成戦略研究所
特別講義

ルール形成戦略研究所 客員教授

ルール形成力を国家レベルで高めるために政治、官庁、学会、民間企業の立場で取り組まれている最先端と活動とより発展させていくために必要な日本の構造改革のポイントを理解する。

演習論文

國分 俊史 教授

多摩大学大学院の目玉である実践的論文を約1年かけて仕上げていくゼミです。専任教授と膝を突き合わせながらマンツーマンで学ぶとともに、ゼミ仲間からの厳しい指摘を受けて、自分の人生の一里塚を構築。世界が大きく変わる体験を楽しんでください。

フィールドワーク

フィールドワーク

コンサルティングファーム
インターン

國分 俊史 教授

コンサルティングファームのルール形成戦略プロジェクトまたは提案書作成に参画し、経営戦略としてのルール形成戦略のあり方を理解する。担当タスクにおいて立証すべき仮説を裏付けるファクトの収取アプローチを策定し、収集ファクトからの仮説修正まで体得する。

ルール形成戦略研究所
インターン

國分 俊史 教授

研究所で取り組んでいる各ルール形成研究会の運営をサポートしながらルール形成の現場を学ぶ。合わせて日本が取り組むべきルール形成アジェンダの発掘から、仕掛けていくうえで有効なルールの切り口をデザインし、研究所の教授陣へプレゼンを実 施する。

ワシントン政策
シンクタンク
での討議

國分 俊史 教授

アメリカの政策シンクタンクがどのような方法で新しいアジェンダをセットし、アジェンダセッティングからルール形成への落とし込みを展開しているのかを学ぶ。学生が関心あるルール形成アジェンダに取り組んでいるシンクタンクと意見交換しネットワークも作る。

議員事務所でのインターン

國分 俊史 教授

国会議員または地方議員の事務所で議員および議員秘書と一緒に地盤創り、政策を構想していくための視察や地域での意見交換、部会での討議などを一定期間同行およびサポートすることで、政治家の活動を深く理解し、政治家との関係作りや連携方法を理解する。

CRSプログラム

CRSプログラム

ルール形成戦略研究所は、多くの企業様からルール形成戦略に特化した即戦力育成プログラムを用意して欲しいという声を受けて、2017年4月から開講する「MBAルール形成戦略コース」の中の「ルール形成戦略に特化した授業だけをパッケージにした1年間の研修プログラム」をCRSプログラム(Center for Rule making Strategy Program)として2017年4月からスタートすることに致しました。
CRSプログラムはルール形成戦略研究所が運営する研修であり、座学だけでなくフィールドワークも通じてルール形成戦略に必要な思考力および構想力、戦略立案スキル、日本および世界のポリシーメーカーとの人的ネットワークも築ける実践的な内容となっております。
CRSプログラムはMBAルール形成戦略コースの中のルール形成戦略特設科目だけに特化した1年間の理論習得と人的ネットワークを得られる即戦力プログラムです。

CRSプログラムの受講手続き概要

受講資格者

企業派遣により企業から推薦を受けた方。
個人で受講を申し込まれる方については1時間程度の面接を行い、当研究所が考える人材育成方針との適性を評価させて頂きます。


授業の運営について

MBAルール形成戦略コースの時間割に沿って授業は行われ、MBAコースに在籍している学生と一緒に受講頂きます。
フィールドワークは、本人および派遣元の希望に応じて投下時間数を適宜コントロールする運営とし、MBAルール形成戦略コースの単位取得時間数に縛られない運用に致します。
各授業で講師から出される課題への取り組みは必須対応と致します。


評価について

原則、研修であるため評価は行いません。
ただし、企業派遣の場合で派遣元企業として研修期間中のパフォーマンス評価のフィードバックを希望される場
合は、MBAルール形成戦略コースと同様の観点から評価を行います。


研修期間中のルール形成研究所への関わりについて

CRSプログラム受講期間中はルール形成戦略研究所の客員研究員として研究所が運営している研究会に参加することができます。


研修終了

研修終了時にはルール形成戦略研究所より、「CRSプログラム修了証書」を授与致します。
ただし、著しく授業の出席率が低かった場合は修了書を授与できないことがあります。


研修期間

4月から翌年3月までの1年間(論文の提出義務が無いため、実際には授業は2月で終了致します)


プログラム受講料

120万円(フィールドワークに伴う渡航費、交通費、宿泊費は別途自己負担頂きます)


申込み・お問い合わせ

品川サテライトオフィス 03-5769-4170(代表)
E-mail:tgs@tama.ac.jp


ルール形成戦略の即戦力を育成する”CRSプログラム”のご紹介

MBA ルール形成
戦略コースの
履修方法

修業年限2年(在学年限3年)
修了要件1.2年以上在学
2.合計30単位以上修得
3.「修士論文」または「特定課題研究論文」の審査および最終試験に合格(※)
授与学位修士(経営情報学)

2年間大学院に在学し、1コマ2単位の授業についてルール形成戦略コースとして指定した10科目と、MBAコースから選択指定された5科目を必須履修し、修士論文または実践知論文が合格すれば修了することができます。


講義時間帯

月~
金曜日
18:30~21:40
[品川キャンパスで開講]
土曜日
日曜日
9:00~16:10(午前1科目、午後1科目)

論文作成

MBAルール形成戦略コースにおいてはルール形成戦略のアプローチ自体がまだまだ研究の余地があることから主に以下の2つの形態のどちらかで論文を提出することとします。

①ルール形成戦略手法の研究

ルール形成戦略のアプローチの深堀や他国における国家レベルまたは業界レベルでのルール形成への取り組み、特定企業における事例研究などを通じたルール形成戦略の研究

②特定テーマに対する
ルール形成戦略構想

自身が関心を有するテーマにおけるルール形成の動向を分析し、能動的にルール形成に関与していくためのルール案やポリシーメーカーへのアドボカシー案からなるルール形成戦略計画及びアクションプランの作成

※①についてはルール形成戦略を日本で発展させていくために一般への公開を前提としますが、②は本人からの開示希望が無い限り極めて戦略性が高い内容となるため原則非公開扱いとします。

Page top