教員紹介

ビジネスの最前線で活躍する実践知 講師陣の著作・書籍紹介

教員一覧

ファカルティからのメッセージ

今泉 忠教授

今泉 忠

私たちが何か仕事上の課題について「より良い意思決定」をする場合に、データにもとづかないで意思決定をすることはありません。 この場合に、このデータは単なる定量データや定性データではなく、仕事の課題と結びついていることを忘れてはいけません。 仕事上の課題を発見し解決するためには、このような多様な多次元データを少ない次元のデータで表現できる力「データの断捨離力」が必要です。 ぜひ、ビジネス課題発見・解決のためのデータ断捨離力をつけたデータサイエンティストになりましょう。
担当科目:ビジネスデータ分析実践、論文指導Ⅰ、集中ゼミ(統計検定) 他
プロフィール: 立教大学社会学部産業関係学科卒。立教大学大学院社会学研究科応用社会学専攻博士前期課程修了(社会学修士)。東京工業大学大学院総合理工学研究科システム科学専攻博士後期課程単位取得満期退学。青山学院大学理工学部経営工学科助手を経て、多摩大学助教授・大学院助教授。平成7年多摩大学教授・大学院教授。平成13年より経営情報学部学部長を経て現職。日本行動計量学会理事。
久保田 貴文 准教授

久保田 貴文

Statisticiansが今後10年間でもっともセクシーな仕事だと言われてから6年が過ぎました。当時はデータサイエンティストという明確な言葉はなかったため統計家と表現されていましたが、いずれにしても現在では統計学やデータサイエンスの重要性はゆるぎないものになっています。 私の担当する、「ビジネスデータ分析入門(統計ソフト活用)」では、ビジネスの現場においてデータ分析の基礎となる内容について、実際に統計ソフトを活用してデータ分析の考え方を学び、実際のスキルを身につけることを目標としています。 あなたが最もセクシーな職業や担当につくためのお手伝いを、ビジネス現場でデータ分析するための基礎となる考え方や必要なスキル修得によってさせていただきます!
担当科目:ビジネスデータ分析入門(統計ソフト活用)、ビジネスデータ分析(機械学習)、論文指導II、DSBゼミ集中ゼミ(データコンペティション)
プロフィール: 岡山大学環境理工学部卒。同大学大学院自然科学研究科修了。平成24年に同大学大学院環境学研究科において博士(学術)を取得。岡山大学法学部(同大学大学院社会文化科学研究科)助手・助教。統計数理研究所リスク解析戦略研究センター特任助教。平成26年より多摩大学経営情報学部准教授。日本計算機統計学会評議員、理事。
佐藤 洋行 准教授

佐藤 洋行

ビジネスのインターネット依存度が高まるとともに、データ活用なくしてはビジネスが成り立たなくなりつつあります。そのような中で、データサイエンティストの必要性は高まる一方です。一方、私は、ビジネスの第一線でデータ活用プロジェクトに数多く関わっていますが、特にビジネス力のあるデータサイエンティストの不足はもはや深刻ともいえる状況だと感じています。 私の担当する授業では、私の実際のデータ活用プロジェクト体験をもとに、今のビジネスシーンで必要とされる実践的知識を身に着けてもらうことを第一に考え、ビジネス力のあるデータサイエンティストになるための最短ルートを案内したいと考えています。 皆さんが今最も必要とされている人材となるためのお手伝いを、ぜひさせて下さい!
担当科目:ビジネスデータ活用実践(先端事例)、ビジネスデータ活用実践(事業提案)
志賀 敏宏 教授

志賀 敏宏

ビジネスデータサイエンスは熱い 動き続ける世の中を学びたい。そう考える社会人にとって、ビジネスデータサイエンスは、熱く、面白い分野です。 第一に、ハードの進歩がとびっきり。かつてのスーパーコンピュータの1000倍の計算力があなたのスマフォに入っています。第二にソフト。遂に、囲碁のプロに勝つ機械学習ソフトが動き始めました。第三に、ビッグデータ。2023年には、1兆個のセンサーの世界出荷が予測されています。 あなたの仕事から、生活から、スマフォから、ウエアから、車から、買い物から、ネット閲覧からデータが貯まり続けます。あなたのメガネのカメラから、10年前の視覚・記憶が蘇るでしょう。 そこで何が求められるか-データを使う知恵だと考えます。どのセンサーのデータをどのハード・ソフトで”調理するか”、どう“盛りつけるか”。それを一緒に考えて行きましょう。マーケティングに、マネジメントに、社会政策に、何を調理しましょうか。 美味しい料理をご一緒に。
担当科目:ビジネスデータ活用(課題解決モデリング)
プロフィール: 東京大学教養学部基礎科学科卒業。日立製作所にて「半導体撮像素子による家庭用ビデオカメラの電子回路設計」、三菱総合研究所にて「電機・自動車業界等の事業構造再構築・新規事業コンサルテーション」に携わる。イノベーション、セレンディピティ、動機付け論が専門。
豊田 裕貴 客員教授

豊田 裕貴

ますます情報化が進み、ビジネスデータへの着目と期待が高まる中、もはやデータ活用力は、身につけておくべき必須スキルの一つと言えます。ただし、実務で使えるスキルというのは、単に座学で知識として学んで得られるものではありません。 データサイエンティストとして、ビジネスで活躍する力を付けるには、「得られた知識を活用する方法を考え、議論し、応用方法を模索する」という学びが必要です。こういう学びこそ、実学系大学院で学ぶべきです。前提知識をあまり気にせず、この分野を学びはじめる人が増えることを期待しています。
担当科目:ビジネスデータ分析・活用(Standard)、ビジネスデータ分析・活用(Advance)、論文指導I、論文指導II
プロフィール: 法政大学経営学部卒、法政大学大学院にて経営学修士および博士号を取得。シンクタンクの研究員、多摩大学教授などを経て、2015年4月より法政大学専門職大学院教授。データを活用したマーケティングについて実践的で実用的な手法の開発・普及に努めている。
中野 未知子

中野 未知子

 
担当科目:サービスサイエンス
プロフィール: 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科専攻博士前期課程修了。多摩大学経営情報学部非常勤講師。2000年よりトランスコスモス株式会社にて、金融、メーカー、通信など多数のお客さま企業からのアウトソーシングを受け、カスタマーサービス領域の業務分析、オペレーション設計、顧客の声分析(テキストマイニング)等に従事した。現在は、同社や他企業、団体において、日常業務に役立つビジネススキル研修プログラムの設計、登壇や、課題発見・解決のためのミーティングのファシリテーションを担当する。

ビジネスの最前線で活躍する実践知 講師陣の著作・書籍紹介

ビジネスデータサイエンスコース
教員一覧

氏名 職名 担当科目
今泉 忠 教授 ビジネスデータ分析、論文指導Ⅰ、集中ゼミ(統計検定) 他
久保田 貴文 准教授 ビジネスデータ分析入門(統計ソフト活用)、ビジネスデータ分析(機械学習)、論文指導Ⅱ 他
佐藤 洋行 准教授 ビジネスデータ活用実践(先端事例)、ビジネスデータ活用実践(事業提案)
佐藤 洋 客員教授 ビジネスデータ活用実践(BI)
志賀 敏宏 教授 ビジネスデータ活用(課題解決モデリング)
豊田 裕貴 客員教授 ビジネスデータ分析・活用、論文指導Ⅰ・Ⅱ
中野 未知子 客員教授 サービスサイエンス
萩原 雅之 客員教授 ビジネスデータ活用実践(BI)