多摩大学大学院MBA グローバルフェロー公開セミナー「Innovate for Impact」コンビナトリアル・イノベーション 失敗から学ぶ、価値を共有するためのエコシステム多摩摩大学大学院MBA グローバルフェロー公開セミナー「Innovate for Impact」コンビナトリアル・イノベーション 失敗から学ぶ、価値を共有するためのエコシステム
コンビナトリアル・イノベーション
失敗から学ぶ、価値を共有するためのエコシステム

参加申し込みはこちら

申し込み期限 2022年2月16日(水)16:00

開催詳細
Outline

セミナー名
多摩大学大学院MBA グローバルフェロー 公開セミナー「Innovate for Impact」
“コンビナトリアル・イノベーション”
失敗から学ぶ、価値を共有するためのエコシステム
講演者
[メインスピーカー] ポール・ルイ・イスケ博士(マーストリヒト大学 ビジネス・経済学部教授)
[パネリスト] 紺野 登 氏(多摩大学大学院 教授)
[モデレーター] 河野 龍太 氏(多摩大学大学院 教授)
開催日時
2022年2月17日(木)19:00~20:00(日本時間)
開催方法
オンライン(WEB会議ツール「Zoom」を使用)
※ お申し込み後にURLをご案内いたします
言語
本セミナーはすべて英語で行います。日本語通訳はつきません。セミナー後半におけるグローバルフェローとの対話の中で日本語で簡単なコメント、解説を補う予定です。
参加費
無料
申し込み方法
事前登録制です。ご参加希望の方は以下よりお申し込みください。
https://entry.s-axol.jp/tama/?f=107

セミナーについて
About

多摩大学大学院ビジネススクールでは、昨年より、”Innovate for Impact “と題したセミナーシリーズを開催しています。多摩大学のグローバルフェローをお招きし、現代世界における個人や企業の新しい在り方について議論します。今年の第1回目のスピーカーは、今年からグローバルフェローとして加わったポール・イスケ教授(マーストリヒト大学、オランダ)です。

イスケ教授は、欧州におけるオープン・イノベーションの第一人者であり、『失敗の殿堂』(2021年邦訳)などの著書があります。

イスケ教授は、エコシステム(生態系)におけるイノベーションの重要性について語ります。新しい組み合わせが、どのようにして新しい機会につながるのか。境界を越えたコラボレーションとイノベーションのための適切な場をどのようにして作るのか?
イノベーションとは、新しいアイデアを探り、活用することです。その中にはうまくいくものもあれば、そうでないものもあります。その出発点として、教授は輝かしい失敗研究所 Institute of Brilliant Failuresの活動を紹介し、協業で実験を行うことの重要性を示唆します。私たちはリスクを受け入れ、目指していた結果が得られなかったプロジェクトの経験から学ぶ必要があるのです。

コンビナトリアル・イノベーション
失敗から学ぶ、価値を共有するためのエコシステム

参加申し込みはこちら

申し込み期限 2022年2月16日(水)16:00

講演者プロフィール
Profile

ポール・ルイ・イスケ氏
メインスピーカー

ポール・ルイ・イスケ氏
Paul Louis Iske

マーストリヒト大学 ビジネス・経済学部教授

1961年、オランダのアムステルダムに生まれる。アムステルダム大学で理論物理学と数学の修士号を取得し、トゥエンテ大学で理論物理学の博士号を取得。現在、マーストリヒト大学 ビジネス・経済学部の教授を務める。専門はオープン・イノベーションとビジネス・ベンチャリング。同大学の「Brilliant Failure Institute」のCFO(Chief Failure Officer)を務めており、変化する複雑な世界での実験と学習の重要性に対する意識を高めることを目的としている。理論物理学者としての経歴を持ち、ロイヤル・ダッチ・シェルの上級研究物理学者、ABNアムロ銀行の「ダイアログ・ハウス」のイノベーション担当上級副社長などを歴任している。

紺野 登 氏
パネリスト

紺野 登 氏Noboru Konno

多摩大学大学院 教授
知識イノベーション研究所(KIRO)代表
一般社団法人Japan Innovation Network代表理事

組織や社会の知識生態学(ナレッジエコロジー)をテーマに、リーダーシップ教育、組織変革、研究所などのワークプレイス・デザイン、都市開発プロジェクトなどの実務にかかわる。早稲田大学理工学部建築学科卒業、多摩大学経営情報学研究科博士課程後期卒業(学術・経営情報学博士)。
『ビジネスのためのデザイン思考』、『知識デザイン企業』、『利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか(目的工学)』、野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)との共著に『知力経営』、『知識創造の方法論』『知識創造経営のプリンシプル』、『知識経営のすすめ』など。

河野 龍太 氏
モデレーター

河野 龍太 氏Ryuta Kono

多摩大学大学院 教授
株式会社インサイトリンク 代表取締役社長

ビジネスモデルの世界的エキスパートであるアレックス・オスターワルダー氏が設立したStrategyzer(ストラテジャイザー)のオフィシャル・トレーナー(日本人で唯一)。博報堂、博報堂ブランドコンサルティング等を経て現在に至る。マーケティング戦略、ビジネスモデル開発、新事業開発、イノベーション人材育成トレーニング等で多くの企業を支援。エグゼクティブ・コーチとして経営トップ、経営幹部層のリーダーシップと組織開発のコーチングも行っている。早稲田大学法学部卒業、Warwick Business SchoolにてMBA(経営管理学修士号)取得。長崎市出身。

コンビナトリアル・イノベーション
失敗から学ぶ、価値を共有するためのエコシステム

参加申し込みはこちら

申し込み期限 2022年2月16日(水)16:00

Page top

Page top