多摩大学大学院MBA 特別公開セミナー 
~コロナ時代の混迷を乗り越える新しい価値観と指針を探る~ 「獺祭」を生んだ逆境経営とイノベーターシップ多摩大学大学院MBA 特別公開セミナー 
~コロナ時代の混迷を乗り越える新しい価値観と指針を探る~ 「獺祭」を生んだ逆境経営とイノベーターシップ
多摩大学大学院MBA 特別公開セミナー
参加申し込みはこちら

申し込み期限 2021年1月28日(木)

セミナー詳細
Detail

講演タイトル
「獺祭」を生んだ逆境経営とイノベーターシップ
講演者
桜井 博志氏 旭酒造株式会社 会長
開催日
2021年1月30日(土)14:00~15:00
形式
Zoomによるオンラインセミナー
(セミナー開催前日にZoomのID・パスワードをお送り致します)
参加費:
無料(事前申込み制)

セミナー内容
About

いまや純米大吟醸酒ナンバー1になった「獺祭」が世界を舞台に成長している。その背景には日本の文化の象徴である日本酒造りの一連の常識と慣行を覆した逆転の発想としがらみ打破への挑戦があった--。
そんな日本酒のイノベーションを主導した旭酒造の桜井会長が、獺祭創造のイノベーターシップを語ります。

 

今回は、桜井会長による単独ご講演の後、桜井会長の改革を取りあげた『イノベーターシップ』(東洋経済新報社)の著者である徳岡晃一郎 多摩大学大学院 教授と対談を行い、獺祭のイノベーションの背景にあるポイントを掘り下げます。

講演者プロフィール
Profile

桜井 博志氏

桜井 博志氏 旭酒造株式会社 会長

西宮酒造(現・日本盛)での修行を経て、76年に実家である旭酒造に入社。先代である父との対立で退社し、石材業を立ち上げ社長就任。84年父の急逝により実家を継ぎ、三代目当主として売上急減の酒蔵の再建に人生を賭ける。純米大吟醸「獺祭(だっさい)」の開発を軸に世界24ヶ国に展開する世界ブランドへと育て上げる。著書に『逆境経営』など。

桜井 博志氏

対談 : 徳岡 晃一郎 多摩大学大学院教授 ・ (株)ライフシフトCEO

徳岡 晃一郎
日産自動車人事部、欧州日産、コミュニケーションコンサルティングでは世界最大手の米フライシュマン・ヒラードの日本法人のSVP/パートナーとして人事制度、風土改革、社内コミュニケーション、レピュテーションマネジメント、リーダーシップ開発などに従事。著書に『MBB:思いのマネジメント』(野中郁次郎教授、一條和生教授との共著)、『イノベーターシップ』など多数。東京大学教養学部国際関係論卒。英国オックスフォード大学ビジネスマネジメント修了(経営管理学修士)。
多摩大学大学院MBA 特別公開セミナー
参加申し込みはこちら

申し込み期限 2021年1月28日(木)

Page top

Page top