少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。

 

「ヒューマンリソース概論Ⅰ」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年春学期 第5講

ニュースリリース

「ヒューマンリソース概論Ⅰ」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年春学期 第5講

2018年6月13日

ニュースリリース

「ヒューマンリソース概論Ⅰ」 第5講 受講生の感想

授業の冒頭、徳岡先生より授業もこれからクライマックスに入っていくとお話がありました。
人事評価制度における、従来型日本の人事制度、「職能資格制度」において、徳岡先生からの説明の後、4〜5人のグループに分かれてのディスカッションでした。
その制度の本質は何か、知識創造の観点でそのメリット、デメリットは何かがテーマです。

私は職能資格制度が形式上、新卒一括採用で定年まで勤め上げることになってしまっている場合は、中途採用や転職が一般化された現在では、きちんとした評価が見えにくく、どういう知を創造するのかというビジョンと無関係のサラリーマンを発生させてしまうと発表しました。
もちろん、何よりは人件費の高騰が一番だとも思います。
一方でメリットはあるのか。仕事を通して「人を育てる」という長期的な視点は、日本企業の大切な文化であり、暗黙知の豊富な土壌を形成していると発表させていただきました。

ひとつひとつの問題にグループで話し合い、(多種多様な会社の問題点と現状を聞くことができる)更に先生からフィードバックをいただき、最終的な自分の考えがブラッシュアップされる。
それがこちらの授業の良さだと思います。次回の講義もよろしくお願いします。

Page top