少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。

 

國分俊史教授 井形彬客員教授の記事が掲載

ニュースリリース

國分俊史教授 井形彬客員教授の記事が掲載

2018年2月26日

ニュースリリース

國分俊史教授の記事が2月23日(金)の読売新聞朝刊に掲載されました。
記事タイトル「ルールを制する者がビジネスを制する」(6ページ:国際経済面に掲載)
國分教授は、人工知能やIoTによる新たな産業革命は「イノベーションとルール形成が同時進行しながら進む」とコメント、「よいモノを作れば売れる」ではなく、「何をもってよいモノとするのか」というルール形成がビジネスを大きく左右する点を指摘しています。
なお、記事中にはルール形成戦略研究所の副所長でもある羽生田慶介客員教授、経済産業研究所の藤井敏彦コンサルティングフェローのコメントもそれぞれ掲載されています。

また、2月26日(月)の東洋経済オンラインにブラッド・グロッサーマン、井形彬 両客員教授による寄稿が掲載されました。
「日本の『安全保障政策』に欠けている視点」と題して、安全保障上改善の余地のある「Economic Statecraft」について、諸外国の状況と背景、日本がとるべき対策について述べています。
http://toyokeizai.net/articles/-/209782

どちらも是非ご一読ください。

Page top