少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。
MENUMENU

 

ヒューマンリソース概論II 第4講(徳岡晃一郎教授)2019年度 秋学期

授業の様子

ヒューマンリソース概論II 第4講(徳岡晃一郎教授)2019年度 秋学期

2019年11月18日

授業の様子

本日のテーマは「シャドーワーク」。
シャドーワークとは、通常の業務から離れた個人の意思と裁量による創造的な仕事のこと。毎日、同じ裁量で同じ業務をこなしていても、そこから新しい知は生まれにくい。知的生産を仕事にし、自由な発想で多方面と連係して仕事をするプロデューサー型の人材が必要だ。

一方で、他人から見たら「遊び」じゃないかとも捉えられかねないシャドーワークを実践するには、既存の組織のしがらみや、自分のタイムマネジメントなど、実はたくさんの阻害要因がある。授業ではシャドーワークをサポートする仕組みについても学んだ。

最後に授業後半のワークでは、それぞれが、これまで歩んできた人生をグラフにして、自身のシャドーワークとの関係を振り返ってみた。
多摩大大学院に集まる仲間は、みんなそれぞれユニークな経験を持っている。
偶然の流れだったり、自ら進んで様々な立場や役割に挑戦し、それでもみんな何年か後には自分の仕事につなげていた。
人生100年時代においての、長期の自分の成長戦略には、新たな学びの機会はやはり欠かせない。

Page top