少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。
MENUMENU

 

ビジネス実践知探究 第7講 (留学生) (佐藤 勝彦教授) 2019年度 春学期

授業の様子

ビジネス実践知探究 第7講 (留学生) (佐藤 勝彦教授) 2019年度 春学期

2019年8月13日

授業の様子

佐藤先生の授業を聞いて、本当に良かったと思いました。先生の授業で一番魅力的なのは、先生のストーリーと思います。そのストーリーから自分これからの“ストーリー”はどう作るか?という質問は常に日頃で考えています。
“編集”という考え方を常に持っていて、その考え方を日常に使ったら、自分のストーリーも良いリターンがあるでしょう。
 卒論で先生が教えた考え方を使って、取り組みたいと思います。具体的に言えば、以下の3点です。
1、疑問を持つの読書
私に最も関心が高いのは、“疑問をもちながらの読書”です。本の言葉は、人々の心に触れる要素を持っていって、キャッチーな要素も持っています。しかし、正確さを保証できない、特定の条件下で正しいだけです。例えば、勝負する時、必ず勝者と敗者が出るか?お互いに有利な状況になることはできませんか?真剣に良い結果を得ることができないのですか?この文は特定の条件でのみ成立します。それを通り過ぎることは有名なことわざとなっています。同様に、テレビドラマを見るために新聞を読んだり読んだりすると、作者全員が正しいとは限らない、特に作者は特定の目的を持っている、または読者に自分の意見で識別させたりなくした。したがって、受け取ったメッセージに疑問を投げかけることは、独立した思考の最初のステップでなければなりません。
2、統合された情報の分析
または今、ただ受信されたものについて懐疑的なままでいるためには、完全に受け入れられるのではなく、さらに分析することができます。例えば、問題に遭遇したとしても、A、B、C、Dの4人に尋ねて、16の答えを得た。16の答えは必ず同じとは限らないでしょう?その時、誰の答えを信じるか?自分は考えてはいけません。参照資料としてこれらを使用し、各点について検討してから、相互に接続して実際の問題について検討するだけです。この時点で、一部を除外して検討することができます。ただし、参考資料は、必ずしも正しいとは限りません。独自の処理によって独自のものになります、金の含有量はより高く、自身の実際の状況により適しています。それから正当性を検証するために、問題を解決するためにこの考え方法が使えます。
3、考え方
 (1)箱の外側を考える
 直面するすべての問題は単独ではありません、それらの後ろにもっと行動パターン、組織モデル、そして社会モデルがあるので、それらは他の問題と密接に関連しています。個々の行動の背後に大きなモデルがあるため、問題が解決したときに、元々考えていたことではないかもしれません。
(2)綿密な思考
 問題から考えることで、一般的な方向性を把握し、外的要因を見ることができます実際に何かをするときは、問題自体の分析に集中する必要があります。私が問題を分析する方法はこれです:1、問題は何ですか? 2、問題を説明するためにどのような結果が得られましたか。3、私の出発点は何ですか? 4、出発点から結果までの間のステップは何ですか? 5、最初に重要な手順を実行し、20%の努力で80%の価値が生まれるようにします。

Page top