少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。
MENUMENU

 

「企業会計・簿記入門」(井村 順子 客員教授)平成30年秋学期

授業の様子

「企業会計・簿記入門」(井村 順子 客員教授)平成30年秋学期

2018年11月19日

授業の様子

企業会計・簿記入門の授業は、そのタイトルのとおり会計の基礎知識を身に着けることを目的としています。
ファイナンスや財務分析の授業に役立つような基礎的な内容を中心にテーマを選んでいます。
また、日頃、会計に触れることのないみなさんにも会計に親しんでいただけるように、身近なニュースと会計との接点も解説することも心がけています。
この日の講義は、第4講「固定資産」でした。
ちょうど、日本経済新聞で「変わる会計」という連載があり、タイムリーなことに固定資産にかかる減損、リースなども取り上げられていました。
いずれも日本の会計の世界ではホットなトピックです。
これまでの授業で損益計算書と貸借対照表の資産サイドの内容を学んだ学生のみなさんの会計脳が発達してきたことは、授業中の発言を通じて感じ始めています。
数字や簿記に強い留学生、実務経験に基づいて鋭い質問をされる社会人の方々。
お互いの発言を通して学びあっていることも感じられます。
授業は10数名。
いつも教室は満員で、日曜日の朝なのに熱気に包まれています。
毎日のニュースも会計の基礎知識があればもっと面白く感じますし、実際に起きている事象と会計を結びつけることで財務数値に関する感度を磨き上げることもできます。
会計を武器にして、活躍の世界を広げていただくことを大いに期待しています!

 

Page top