少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。
MENUMENU

 

「立志人物論」(久恒 啓一 教授)平成30年秋学期第5講

授業の様子

「立志人物論」(久恒 啓一 教授)平成30年秋学期第5講

2018年11月17日

授業の様子

「立志人物論」の第5講
「怒涛の仕事量」がテーマ。以下、受講者の感想から。

日本人社会人

・怒涛の仕事量というテーマの中、今回は主に漫画家や物書き(歌人、小説家等)の方々が数多く紹介されておりました。仕事に向き合い没頭したからこそ、そこに人を惹きつける何かがあるのだろうと感じました。講義中に手塚治虫の言葉が紹介されました。トキワ荘に集う同志たちに向け、「一流の映画を見ろ、一流の音楽を聞け、一流の芝居を見ろ、一流の本を読め、そして、それから自分の世界を作れ」と語ったとのこと。漫画の世界のみならず、どの業界にも通じる言葉であり、常に自分自身に刺激を与え、磨き続けることで確固たる自分を持てという強いメッセージを感じました。もう一人、講義中に印象に残った人物がいました。志村ふくみという染織家で草木染めをされる方です。この志村ふくみの仕事観に驚嘆しました。草木染めという一つの仕事にただひたすらに打ち込み、我が子のように愛するその姿勢に、はたして自分自身もこの気持ちを持って仕事をしているか?と考えました。当然ながらまだまだこの境地には及ばず、至らない点が多いと自覚しました。怒涛の仕事量とは、まさにこのことで、仕事とプライベートの境界がなくなり、寝食を忘れる程没頭できるか?仕事に情熱、愛を持って接することができるか?ということに尽きると思います。今の世の中、働き改革と謳われておりますが、そんな言葉とは無縁の方々の生涯を振り返ることは大変興味深く、また、学ぶべき点も多かったです。本日もありがとうございました。

・手塚治虫、石ノ森章太郎、赤塚不二夫は僕が少年時代慣れ親しんだ漫画家である。ギャグ漫画が好きだった僕は特に赤塚不二夫作品をよく読んだものであった。読む我々はあまり意識してなかったが、確かに次々に作品を生み出すその労働力は並外れた努力の賜物であると考える 。漫画は1枚描くのにすごく時間がかかるが単に書くだけでなくその絵の構想を練るのにも時間がかかり、作家に比べると求められる生産性、創造性はけた外れに要求されるし、連載していると毎週納期に追われる日々が続きそのストレスは想像を絶すると考える。漫画家の寿命が短いのはそのせいもあるかもしれない 。僕らに夢を与えてくれた漫画は人生の成長の過程いおいては色々な勉強にもなり漫画なしでは語れないものがある。例えばOne Pieceなどはリーダーシップを学ぶのに役立つと思うし、本だけでなく漫画から学ぶことはそのシーンを右脳に焼き付けるという意味においても記憶に残ると考える。 後半の女性作家に関しては、与謝野晶子のバイタリティには驚いた。国語や日本史の教科書によく出て来るので名前は知っていたが、11人の子供を産みながらそれでも5万を超える歌を読んだという事は知らなかった。正に量をもって質に転換している好例と言える。また、戦争に突き進んでいる時代においても戦地に赴く弟に死ぬなということを世論の批判も臆する事なくに言うところなどは勇気があるし肝っ玉が座っている。自分は和歌はあまり慣れ親しんでないが、一度じっくり読んでみたいと思う。

・「人生を賭して為すこと」。人生を賭してなす仕事には、その人の原体験が深く根差している。今日は怒涛の仕事量というキーワードで、漫画家と歴史に名を残した女性をご紹介頂いた。怒涛の仕事の背景には、その人の原体験が隠れているのではないかと想像しながら授業を受けた。ご紹介頂いた中で特に印象に残ったのは、手塚治虫さんと志村ふくみさんだった。手塚治虫さんの作品は多く読んでいて、特に「火の鳥」は何度も読んでいて、読むたびに強い印象を受けている。他にも好きな作品が多く、「三つ目が通る」や「ブラックジャック」「鉄腕アトム」「ブッダ」「MW」「リボンの騎士」などどれを読んでも面白い。作風とテーマが多様で深い。授業では、手塚治虫さんが漫画家の後輩に「マンガを描くためには教養が必要だ」と繰り返し伝えたということが紹介されていた通り、古今東西の広く深い知識を縦横無尽に掛け合わせて、人間と動物、善と悪、愛と信仰、ロボットと心、古代文明と科学、など今の時代でも色褪せない本質的なテーマを持った作品を残している。授業でみたVTRでは実際にお話ししているご本人を見て、優しい人柄が伝わってきた。今回の話ではあまりフォーカスされていなかったが、手塚治虫は、基本的にマンガを子供たちのために描き続けた、ときいたことがある。学生時代に戦争を経験し、厳しい時代をマンガを描くことで、夢をもって生き抜いた経験がVTRで語られていたが、その少年時代の想いを元に「子供たちのために」とこだわり続けたのではないかと想像した。志を持続させて、人生を賭して為す仕事には、その人の原体験が深く根差している。手塚さんの同世代の方は、みなさん戦争という想像を絶するような辛い原体験を昇華させている。もうお一方は、授業でご紹介頂き始めて知った志村ふくみさん。WEBで肩書を調べたところ、染織家・随筆家となっている。
志村さんはVTR冒頭で、「色に命がある」と仰った。一瞬意味がわからず思考が停止した。その後お話を聴くと、志村さんは染織家という枠で捉えることに違和感を感じだした。志村さんは、「藍はその人の人格を写す」「人間は自然と対等ではない。」「古代から日本人は自然を崇めてきた」「私は人と人が向き合って、魂を育てることをしたい。」というようなことをおっしゃっていた。染織という一つのことを徹底的に突き詰めていくと、そこには日本の伝統的な価値観の連なりがあり、哲学があるのだと感じた。幼少期の原体験というようなことは描かれていなかったが、3.11を契機に、魂を育てていきたいという思いを持たれたと仰っていた。志村さんのVTRを見て、私が尊敬する佐藤初女さんという方を思い出した。初女さんは、もう数年前に亡くなられてしまったが、青森で森のイスキアという施設を運営されていた方で、NHKや映画でも紹介されたことがある。活動を一言で言いあらわしにくいのだが、日本のマザーテレサと呼ばれることもある素晴らしい方で一度お会いしたことがあるがとてもやさしくチャーミングだった。記念館はないが、書籍はご本人が書いたものを含めて多数発行されているのでもしご興味ある方がいたらご覧ください。NHKアーカイブ あの人に会いたい。

・本日の「怒涛の仕事量」のテーマで漫画家と女性がクローズアップされていましたが、近年はだいぶ様子が変わってきたと思われます。但し、後世に名を残す人は、才能はもとより凄まじい努力の結果が素晴らしい成果を生んでいるようです。漫画家に関して、手塚治虫、石ノ森章太郎、赤塚不二夫は私にとって大変懐かしくかつ当時は熱烈なファンでした。特に手塚治虫は半世紀たった今でも、その発想力、創造力は衰えることなく、夢を与え続けています。現在になり、ようやく技術革新が手塚治虫に追いついてきたように思えます。また、一種独特な感性でギャグ漫画の世界を築いた赤塚不二夫も天才と言わざるを得ません。人々を魅了した、いや驚かせたギャグ漫画の完成までには長い葛藤の時間を要したと思いますが、その裏の世界は微塵も見せていない赤塚不二夫の偉大さがあります。さて、もう一つのテーマである女性の活躍には、本当に感心させられます。今と違って女性の地位や評価が低い時代に成果と結果を出してきた、与謝野晶子や樋口一葉は、どれほどの努力をしたのか計り知れません。まさに頭が下がる思いです。加えて、石井桃子は名前があまり知られていませんが、児童文学では第一人者であり、のんちゃん雲に乗る、熊のプーさんの編集、翻訳は誰でも見ている本ではないでしょうか。本日の講義ではあまり取り上げて頂けなかったようですが、向田邦子という脚本家はテレビドラマで数々のヒット作を残しています。寺内貫太郎一家というドラマはいまでも心に残っています。その活躍の裏には凄まじい生活があったと思います。そして、突然の航空機事故で亡くなるまで精力的に仕事をしていたようです。遺書が見つかるのですが、なんと2年も前に書かれたもので、向田邦子の覚悟が伺えます。「どこで命を終わるのも運命です。•••」凡人にはわかりませんが、悔いのない人生を送りたいものです。

・本日、論文ゼミが2時間超となったため、やむを得ず欠席させていただきました。申し訳ございません。「立志人物伝」の講義は毎回楽しみにしているので、非常に残念です。次回は必ず出席します。また、来週記念館に行くことを予定しているので、次回の講義までに記念館報告をさせていただきます。

留学生

・今回の授業の怒涛の仕事量をこなす人については三名の漫画家とたくさんの女性の偉人を紹介しました。漫画家は手塚治虫、石ノ森章太朗、赤塚不二夫です。私知っている方は手塚治虫、漫画界の第一人であり日本のアニメの創始者です。彼の自画像のキャラクターはよく自身のアニメの中で度々登場します。私は手塚治虫の二つの作品を見たことあります「鉄腕アトム」と「ブラック・ジャック」です。どちらもとってもおもしろく、子供の頃見た時と大人になって見たときの感想はやはり違いました。手塚治虫の魅了はどの年齢層でも夢中になれることでしょう。手塚治虫は漫画家だけでなく、医師でもあり。漫画家として毎日沢山の原稿を描かないといけず、新しいのアイデアを作れないといけないので強大の精神力持ってないと続かないだろうと思います。手塚治虫は一生で15万ページ以上の漫画作品を創作しました。ピークのときは13作の漫画連載をこなしました。大量の仕事の関係で、彼はどこに行く時でも原稿用紙を側に持っていました。たとえ旅の電車の中でも、飛行機の中でも、彼は漫画を描き続けました。私は子供から今まで好きなアニメはちびまる子ちゃんです。子供の頃からテレビで香港の声優さんの吹き替えがされたちびまる子ちゃんはとても好きです。今でも昔からずっと残していたDVDを今でもちょくちょく見ます。ちびまる子ちゃんを見た私は初めて日本の文化に興味を持ちました。日常的な生活、女の子の繊細な心、家族の暖かさ。これを知れたのはさくらももこの描いたちびまる子ちゃんのおかげです。2ヶ月前に亡くなったさくらももこ、今日はありがとうの会が挙行されました。彼女はもういなくなりましたが、彼女の作品はきっと永遠に感動を与えます。

・本日は量のテーマでした。中国では、「量的な変化が質的な変化をもたらす」という話があります。しかし、質的な変化が起こす前に、物事を続けるのが誰でもできるものではないです。今日は一番印象に残ったは与謝野晶子さんです。彼女は24歳からずっと妊娠状態で、子供を育てながら、作品を完成しました。「人間は何事にせよ、自己に適した一能一芸に深く達してさえおればよろしい。」 ひとつことを深く追求することが大事ですが、自分に合っていることこそ、エネルギー源になれるではないでしょうか。
ちなみに、私は子供時代がないみたいに、漫画に興味が全然ないで1冊も見ませんでした。今日は色々な漫画家のインタビューを見たり、皆さんと交流したり、意外に漫画を一冊ぐらい読みたくなりした。それがこの授業の魅力だと思います。今日もありがとうございました。

・今回は「漫画」について、偉人の事を勉強した。自分と日本漫画の繋がりはどんどん思い出を浮かべた。日本の漫画について、小学三年生の時に、初めて見たのは日本の漫画『ドラえもん』という作品である。その作品は凄く面白いと思われた。これから数年間、「ドラえもん」はずっと私のランキングには1位になっていた。『ドラえもん』とは、藤子・F・不二雄による日本の児童漫画・SF漫画作品。及び、作品内に登場する主人公(未来からやってきたネコ型ロボット)の名前である。作者が最も長く描き続けた代表作であり、漫画を原作として、テレビアニメ化、映画化、舞台化なども行われ、多くのキャラクター商品が販売されている。誕生から約半世紀を経た現在でも、日本国内では高い人気と知名度を維持しており、2012年9月にはドラえもん生誕100年前を記念して、各地で様々なイベントが開催された。海外でも、東アジアを中心に高い人気を誇る。そのあと、中学2年生の時は、多田かおるの少女漫画『イタズラなKiss』という作品は第一回目に読んだ。このから20代まで何十回を繰り返し読んだ。『別冊マーガレット』(集英社)で1990年6月号から連載開始。当初は短編(全3話)の予定だったが、多田かおる本人の希望と読者からの人気を受け、長期連載となる。1999年3月号まで連載中だったが、多田の急逝により未完となった。単行本は全23巻。累計発行部数は3500万部。1996年にテレビ朝日でテレビドラマ化された。2005年には台湾で『惡作劇之吻』のタイトルでテレビドラマ化され、同年度台湾のテレビドラマ年間最高視聴率を記録した。2007年に台湾で続編『惡作劇2吻』が放送され、前作に引き続き主演を務めた林依晨(アリエル・リン)は、台湾版のエミー賞に相当する第43回電視金鐘奨で主演女優賞を受賞した。2008年4月から同年9月まで中部日本放送およびTBSでテレビアニメが放送された。原作の未完部分を、多田が遺していた構想ノートなどを基に構成し、完結させたストーリーとなっている。2008年11月27日から同年12月7日まで『舞台版 イタズラなkiss 〜恋の味方の学園伝説〜』のタイトルでシアターサンモールにて舞台化された。
2010年には韓国で『장난스런 KISS 』(イタズラなKISS)のタイトルでテレビドラマ化された。2013年3月29日から『イタズラなkiss 〜Love in TOKYO』としてオリジナル要素も含めてCS放送・フジテレビTWOに再ドラマ化されている。以上の各ドラマ(日本、台湾、韓国)は全部何回で見ました。その中で、台湾作ったドラマは大好きです。シンプルなストリーを通じて、主人公の誠実な感情を描いた。実は、その物語は、作者とご主人様自分の恋愛ストリーから作られた。多くのファンは、この原因で深く動いた。もちろん、私は大好きな日本漫画家授業に紹介した様々な偉人漫画家と比べて、そんなに有名ではない。でも、私にとって、印象が一番深いまたは感動された漫画家である。今日もありがとうございました。

・私は怒涛の仕事量が高質の圧倒的な仕事量だと思います。大量な仕事を綺麗な完成する人はどの時代でも偉人になるでしょう。漫画家の手塚治虫はそのような人です。彼は漫画家になった後、胃癌で亡くなった前に、ずっと漫画の仕事に活躍していました。手塚治虫は医者の出身ため、作品も一般な漫画ではなく、哲学を包んで、現代につながる日本のテレビアニメに多大な影響を及ぼしました。本日もありがとうございました。

・今日はこの講義の中で一番面白かった授業だと思います。怒涛の仕事量をテーマに漫画家と女性について学びました。考えられないぐらい仕事量が大きくて、死ぬまで一生懸命それを続けた方は素晴らしいですね。中でも、漫画という話が出ましたので、とても興味がありました。私は小さい頃からずっとアニメが大好きで、いつもテレビで見ていて、私にとって嬉しくて貴重な思い出です。これを可能にしたのは漫画の父親手塚治虫です。彼の努力のおかげでいろんな世代の人たちは楽しい子供時代を過ごしたと思います。そして、女性のご紹介の中で樋口一葉のことを聞いて驚きました。貧乏の家族で生まれたんですが、勉強が大好きで、とても優秀な女性でした。母親が進学に反対しても、彼女は熱心で作品を完成しましたが、残念なことに24歳で死亡しました。やはり、この方の力になっていたのはきっと愛だと思います。仕事や趣味に対しての熱心さえあれば幸せになれると教えてくれました。

・今日のテーマは「怒涛の仕事量」です。授業に数多くの漫画家と女性が出てきました。手塚治虫は日本においてストーリー漫画の第一人者で、日本初のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作しました。日本だけではなく、海外でもよく知られています。私は子供の時に見たことがあります。次に、藤子不二雄、石ノ森章太郎などといったトキワ荘メンバー漫画家達の名も出場してきました。日本において手塚漫画の影響を受けていない漫画家はいないと思います。手塚治虫の漫画の描き方で注目すべきは漫画の発想の仕方や漫画表現の根本を教えてくれる点です。全部の漫画は落書きから出発していることです。自由奔放なアイディアがすごく大事だと思います。もう一つ印象に残ったことは仕事量です。仕事の量をこなさないと、質の良い仕事はできないです。「質の高め方」を探るのはそれ対応する時間をかけた後に、「量をこなすこと」をへた後に自然に出てきません。簡単に言いますと、「量をこなすと質が上がる」ということです。やっぱり仕事の量をこなすと、たくさん工夫したら、根気よくやりさえすれば何でもできると思います。勉強も同じことです。専門分野の本が難しすぎて理解できないなどの悩みがよく出ています。でも一回読んでよくわからない場合は、何回繰り返せば、著者の主張がわかります。量をこなすにつれて、効率と質が上がっていき、質が上がれば、量もこなせます。

・第5回は先生から日本の漫画文化の紹介して通しで、仕事の量ついてテーマの志を習いました。日本の現代漫画は手塚治虫から大繁栄に向かっている。手塚治虫の日本の漫画の影響は大きく、ほとんどの早中頃の漫画家は手塚治虫の作品の啓蒙を受けている。その後の発展は、石森章太郎、藤子不二雄、白土三平、横山光輝らが大きな役割を果たしてきた。日本の漫画の繁栄、世界的に漫画業が最も繁栄している国となった。調べてみると、漫画の作者は、画質を保証する必要があるほか、ストーリーの品質を保証しなければならない。もし周よりも1ヶ月96ページだが、新人の周の更なる可能性はほぼ0になっている。なぜなら、絵を描けるようになったから、彩漫の制作は時間がかかっているし、多くの新人は一撃で、通常、ほとんどの作品は2週間で1回更新して、つまり48ページである。あるいは、1ヶ月に1回の更新をしているので、まだ有名になっていない漫画家たちは、寝食を忘れ、流れ星を記録するようなインスピレーションを捉えています。夜は仕事に追われ、仕事の量が膨大である,日本漫画现今の地位と成就はかれらの勤勉的な働くと離れられません。私が大好きなん漫画家は宮城駿です、宮崎駿と高畑勲は、国際的に広く評価されているアニメスタジオ・ジブリのスタジオを創設した。宮崎駿の作品はかなりの成功を獲得し、アメリカの絵画師ワット・ディズニー(Waltディスク)、イギリスのスポーツ師のナイキ・パックとアクションの先駆者、アメリカ動画師のロバー・アンキーと並行して、最も影響力のある人物だと思われている[ 3 ][ 4 ]。 宮崎駿は東映アニメーションでプロのキャリアを始め、「グレーバーの宇宙旅行」の制作に参加した。彼はこの作品の中で自分の考えを出して、ついに映画の結末になった。アニメ産業で様々な役割を果たし、1979年に第1部アニメ「ルパン三世カオストロの城」を監督する。次の映画「風の谷」で広く称賛され、高畑勲と共にジブリのスタジオを作り、多くの作品を作り続けた。「もののけ姫」を完成させた宮崎駿は、一時退職することを選んだ宮崎駿。しばらくの間、宮崎駿は2001年にアニメ『千と千尋の神隠し』を完成させた。今まで『千と千尋の神隠し』は私一番感动して居る大好きな動漫作品です。豊かな宴を楽しむような、味わい深い。「お父さん、お母さん、きっと助けてあげるよ!」と多くの観客が覚えている。「食べられないんだよ!」そうでないと食べられます。親が豚になるのは、ただ物語の始まりで、千尋は決意を決め、一条の驚異的な成長の旅を踏むこれはまさに日本の学ぶ道に踏み込んだ私の苦境に直面して成長したのと同じで、私の感動の原因でもあります「天才は勤勉、賢い源は蓄積している」とコメントし、天才と聡明さは先天的にあるものではなく、主にあさっての勤勉と蓄積によるものである。天才:特殊な知能と才能。出典:所得については、勤勉、聡明さが蓄積されている。堅固な理論の基礎と豊富な実践の経験を持っていて、勤勉に練習する基礎の上で独立の思考と問題を発見する能力を育成します。

 
 

Page top