少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。
MENUMENU

 

「日本の流通構造とSCMのメガトレンド」(西田 邦生 客員教授)平成30年秋学期第4講

授業の様子

「日本の流通構造とSCMのメガトレンド」(西田 邦生 客員教授)平成30年秋学期第4講

2018年11月12日

授業の様子

「日本の流通構造とSCMのメガトレンド」 第4講受講生感想

授業の一環で常温、冷蔵、冷凍の3温度帯対応の国分西東京総合センターを視察しました。
同倉庫は昭島市にあり、配送は多摩、神奈川、東京城西地区をカバーし、加工食品、菓子、酒類、チルド、冷凍食品、アイスクリーム、青果のいわゆるフルラインを取り扱う最新かつ最大級のセンターです。
冷凍庫は−20度C以下、冷蔵は5度Cから8度Cで、防寒コートをお借りして、東京ドームより広い延べ面積5万7千平方メートルある巨大な施設を視察しました。

国分の吉川さん、広報担当の花澤さん、朝9時からの見学びの案内をして頂きました。

温度帯によるオペレーションの違いが一箇所で体感でき、有意義な見学会になりました。

 
 
 

Page top