少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。
MENUMENU

 

「ライフの達人連塾」(渡辺 幸裕 客員教授・佐藤 勝彦 特任教授)平成30年春学期

授業の様子

「ライフの達人連塾」(渡辺 幸裕 客員教授・佐藤 勝彦 特任教授)平成30年春学期

2018年6月19日

授業の様子

◇授業の内容・様子
人生100年時代を豊かに生きるために、ライフシフトを志向する大学院修了生や新たに多摩大学大学院で学びたい方を対象とした“変身資産形成を望むビジネスパーソン”への教養セミナーとしてライフシフト教養セミナーはあります。2018年度のテーマは“和魂”です。日本人として自国の文化を理解することで、真の国際人として活躍することができるのではないでしょうか?人生の途中であっても、新ステージへのシフトを成功させる意思と能力である“変身資産”を身に着け、増やしていく。今回の“ライフの達人”では、自分自身に磨きをかけ、豊かな人生を切り開いていくために、様々な人材との交流、異質な分野での経験・体験、一流を見る・触れる・聞くことに主眼に置いており、ゲストと受講生がディスカッションなどを通じて、お互いが刺激しあうことでライフの達人への磨きをかける講座となっています。

◇受講生の感想
「和魂、真の国際人は己の国の文化を知ることから」と始まった“ライフの達人“ですが、渡辺先生と佐藤先生のコンビで、日本人が忘れている和の文化を一流のゲストを迎え、超ビギナーとして学ぶ講座です。日本人としての根っこの部分をいま一度見つめ直し考えることがきでました。和菓子の講義では、榮太樓の細田副社長から直接、200年企業の伝統継承と世界の和菓子への試みを伺い、歌舞伎の講義では、国立劇場での講義の後、実際に「連獅子」を鑑賞しました。受講生一同、和の再発見でした。渡辺先生の言葉を借りると、好きな事をする“フットワークと好奇心”の大切さと、“自分の国の文化をビジネスに活かす”和魂は、まさにDiscover Japanでした。残りの講義も楽しみです。


第2回 「日本文化への甘い入口、和菓子」 株式会社榮太樓總本店 細田副社長を迎えて


第3回 「伝統芸能を知り、ビジネスへ活かす」歌舞伎「連獅子」鑑賞

Page top