少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。

 

「問題解決モデリング」(志賀 敏宏 教授) 受講生からのご意見・感想

授業の様子

「問題解決モデリング」(志賀 敏宏 教授) 受講生からのご意見・感想

2018年2月20日

授業の様子

【終了後のご意見・感想】

《2年生:修論・実践知論文を作成段階の受講生の方の声》
 良かった点としては、論文作成に直結した授業であったことです。
 私の場合、論文提出の時期にこの授業を受講したことで、論文で主張する自分の意見をステップを踏んでまとめるという点で非常に役立ちました。
 ゼミでは自分の意見のユニーク性は何かを問われますが、それをどのように導き出すかは自分で考えなければなりません。それを導き出すための授業としてこの講座を活用できたと感じています。

《1年生:修論・実践知論文の方向性・テーマ探しをされた方の受講生の方の声》
 一般論ではなく自身の論文に関するテーマに関して、具体的な問題定義・問題解決方法を議論させて頂ける事が非常に良かったです(MBA等におけるフレームワークを教えて頂いて終わり、というスタイルではない)。
 特に、適切な問題解決方法を得るためには適切な問題定義が必要であり、そこに関して深く議論できる機会は貴重だと思います。

《1年生:修論・実践知論文の方向性・テーマ探しをされた方の受講生の方の声》
 問題解決そのものに先生が一緒に取り組んで下さるという独特のスタイルであった。先生が問題を整理し解決しやすくし、時には新たな課題を示すことにとても興味深い思考の時間を過ごすことができた。
 他の受講者の修士論文作成の考え方を参考に聞けたことは、とても役に立つものだと思っている。

《2年生修論・実践知論文を作成段階の受講生(留学生)の方の声》
 授業の中で一番イメージに残ったことは、データの活用の仕方です。先生は同じデータから異なるレベルの認識結果を説明されました。それがデータ解釈の勉強になりました。
 授業で一番勉強になったことは、問題解決の中の因果関係の発見ということです。「見落としていた因果」を強調して、問題の後ろにある原因を検討することを学びました。私は日本語が余りうまくありませんが、先生の講義を大変面白く聞きました。

《1年生:修論・実践知論文の方向性・テーマ探しをされた方の受講生(留学生)の方の声》
 先生の授業で論文テーマの方向を決めて、非常に役に立ちました。授業でデータの分析と問題解決の知識も学びました。
 データを見た時、先生のようなセンスを身につけたいと思います。どうやって、先生のように、データの分析力を身につけるのか習いたいと思います。
 先生たちの知識と経験を吸収して、卒論の方向性を指導していただき、そこが一番感謝しているところです。
 先生はいつも丁寧で個々の学生さんを指導していますので、私たちが本当にかかわっている問題を解決していただきました。
 今学期、一番実用性がある授業と思いました。

Page top