少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。
MENUMENU

 

「立志人物論」(久恒 啓一 教授)平成30年秋学期第5講

「立志人物論」(久恒 啓一 教授)平成30年秋学期第5講

2018年11月17日

授業の様子

「立志人物論」の第5講 「怒涛の仕事量」がテーマ。以下、受講者の感想から。 日本人社会人 ・怒涛の仕事量というテーマの中、今回は主に漫画家や物書き(歌人、小説家等)の方々が数多く紹介されておりました。仕事に向き合い没頭し […]

» 続きを読む

「ヒューマンリソース概論」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第5講

2018年11月17日

授業の様子

「ヒューマンリソース概論」第5講 受講生の感想 後期の授業は、前期の基礎編を前提にさらに深みが増してまいりました。 それは、自身の抱えている問題、課題に合致しているからだと思います。 受講に際し、MBBの本を読んでから望 […]

» 続きを読む

「グローバル技術経営論」(楠田 幸久 客員教授)平成30年秋学期第4講

2018年11月15日

授業の様子

グローバル技術経営論 第4講 製品のアーキテクチャー論 <授業の内容・様子> グローバル技術経営論は隔週土曜日の午後に行なっている講義で、グローバリゼーション、技術経営、イノベーションの定石を学んでもらい、そこから自分の […]

» 続きを読む

「日本の流通構造とSCMのメガトレンド」(西田 邦生 客員教授)平成30年秋学期第4講

2018年11月12日

授業の様子

「日本の流通構造とSCMのメガトレンド」 第4講受講生感想 授業の一環で常温、冷蔵、冷凍の3温度帯対応の国分西東京総合センターを視察しました。 同倉庫は昭島市にあり、配送は多摩、神奈川、東京城西地区をカバーし、加工食品、 […]

» 続きを読む

「社会的インパクト投資」(小林 立明 客員教授)平成30年秋学期第4講

2018年11月12日

授業の様子

本講義では、多様化する社会課題にビジネス手法を活用して取り組もうというソーシャル・エンタープライズに対するファイナンス手法として欧米で発展を遂げてきた「社会的インパクト投資」に焦点を当て、その手法、市場および発展のための […]

» 続きを読む

「サービスサイエンス」(中野 未知子 客員教授)平成30年秋学期第3講

2018年11月12日

授業の様子

「サービスサイエンス」 第3講 受講生感想 <印象に残ったこと> ・仮説生成か検証かを認識する。リサーチ・クエスチョンは自分が面白いと思えることから考える。最終モデルからの逆算は別にしなくても良い。そのような状況になった […]

» 続きを読む

「カルチャーベースマネジメント」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第4講

2018年11月11日

授業の様子

「カルチャーベースマネジメント」第4講 受講生感想 前回に続き、今回も世界的なビジョナリーカンパニーであるスターバックスジャパンより3名の特別ゲストを招いての、まさに「感動体験」という名にふさわしい授業となった。 理念経 […]

» 続きを読む

「ルール形成のためのメディア戦略」(岡田 宏記 客員教授)平成30年秋学期

2018年11月9日

授業の様子

<授業の内容・様子> この授業では、佐々木毅氏らの著書「政治を動かすメディア」の中にある“1989年の精神”を度々参照する。 この年、冷戦が終了し、グローバル経済と自由、民主政が究極の制度として宣言され、インターネットも […]

» 続きを読む

「日本の流通構造とSCMのメガトレンド」(西田 邦生 客員教授)平成30年秋学期第2講

2018年11月8日

授業の様子

「日本の流通構造とSCMのメガトレンド」の第2講の風景です。 9月6日は 授業時間の一部を割いて、受講生にご自身が所属する医薬品会社の立場から「医薬品卸の機能と医薬品流通について」の発表をして頂きました。 当講義は一般消 […]

» 続きを読む

「クリティカルシンキング」(柏木 吉基 客員教授)平成30年度秋学期

2018年11月8日

授業の様子

レクチャーと個人演習、グループワークなど、実践的なスキルを身につけるためのプログラムをアクティブラーニング形式で行っています。 3~4名のグループで、個人のアウトプットを共有、ディスカッションし、その結果をクラス全体でレ […]

» 続きを読む

「実践組織変革」(浜田 正幸 教授)平成30年秋学期第4講

2018年11月8日

授業の様子

「実践組織変革」第4講 受講生の感想 今日の授業は、まずキャリア志向質問票を使った自己診断から始まった。 浜田先生の授業は、組織を実践的に変革していくために、⓵必要な知識・理論を学ぶ講義 ➡ ⓶仲間の事例発 […]

» 続きを読む

「立志人物論」(久恒 啓一 教授)平成30年秋学期第4講

2018年11月2日

授業の様子

「立志人物論」の第4講 テーマは「持続する志」。牧野富太郎。大山康晴。原敬。池波正太郎。市川房枝。羽仁もと子。資料、口頭説明、ユーチューブ。 加えて、松尾孝(カルビー)、笹崎龍雄(サイボクハム)、白川静(東洋学者)、保直 […]

» 続きを読む

「ヒューマンリソース概論」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第4講

2018年10月31日

授業の様子

「ヒューマンリソース概論」第4講 受講生の感想 今回の授業は、個人の思いを明確化することの大切さに焦点を当てた講義であった。 経営はサイエンスであるが、サイエンスという合理的な手法だけでは結果的に同じ答えになり、経営の差 […]

» 続きを読む

「カルチャーベースマネジメント」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第3講

2018年10月24日

授業の様子

「カルチャーベースマネジメント」第3講 受講生感想 企業文化がどうビジネス戦略に影響を与えているのか。今日の授業はスターバックスコーヒージャパンから特別ゲストを招いて、【体験】することから始まった。教室に入ると、机には丁 […]

» 続きを読む

「立志人物論」(久恒 啓一 教授)平成30年秋学期第3講

2018年10月19日

授業の様子

「立志人物論」の第3講。 ・受講生の訪問した人物記念館の発表。「渋沢史料館」「山本有三記念館」「開高健記念館」「渋沢史料館」。 ・講義・映像・感想・グループでの議論。   以下、授業の感想。日本人。 ・日頃から文学に慣れ […]

» 続きを読む

「ヒューマンリソース概論」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第3講

2018年10月17日

授業の様子

「ヒューマンリソース概論」第3講 受講生の感想 今回は、思いのマネジメント(MBB:Management by belief,)の定義や意義の説明から講義が始まった。 MBBの定義とは、内省により個々人の思いを明確化しす […]

» 続きを読む

「カルチャーベースマネジメント」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第2講

2018年10月10日

授業の様子

「カルチャーベースマネジメント」第2講 受講生感想  変化が激しく不確実性の高い時代において、組織や企業が、しなやかさと、強靭さを両立しながら、創造的であり続けるには?  カルチャーベースマネジメントの講義では、そんな深 […]

» 続きを読む

「論文演習」(巴 特 尓 教授)平成30年秋学期第2講

2018年10月6日

授業の様子

履修登録者2名に対し、実際の出席者は12名とかなり大所帯のゼミになりました。 次回からは発表時間を短くして個人相談の時間を大幅に増やし、個々の研究に対する助言や支援を強化したいと思います。 以下、受講生の感想 ・先生と先 […]

» 続きを読む

「立志人物論」(久恒 啓一 教授)平成30年秋学期第2講

2018年10月5日

授業の様子

「立志人物論」の第2講。 登録者は、日本人5名、留学生10人(中国、イタリア、ベトナム)。 以下、受講生の感想 ・本日の講義では、我々日本人にとっては周知の福沢諭吉、吉田松陰、森鴎外に加えて岡倉天心、渋沢栄一などの歴史上 […]

» 続きを読む

「ヒューマンリソース概論」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第2講

2018年10月3日

授業の様子

「ヒューマンリソース概論」第2講 受講生の感想 春学期から続いているヒューマンリソース概論が始まった。 今回は成果主義の功罪を批判的に見た上で、MBB(Management by Belief)への入り口であった。 徳岡 […]

» 続きを読む

Page top