少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる。
品川駅南口から1分。仕事を続けながら
MBAを取得できます。
MENUMENU

 

「社会的インパクト投資」(小林 立明 客員教授)平成30年秋学期第8講

「社会的インパクト投資」(小林 立明 客員教授)平成30年秋学期第8講

2019年1月15日

授業の様子

<授業の内容・様子> この講義は、経済的リターンだけでなく社会的リターンも追求する社会的インパクト投資を取り上げ、グローバルに発展しつつある現状を概観し、さらに日本で社会的起業を行う場合のファイナンス手法について実践的に […]

» 続きを読む

「クリティカルシンキング」(柏木 吉基 客員教授)平成30年秋学期

2019年1月14日

授業の様子

<授業の内容・様子> 2018年度は、22名の受講者に対し、多くの最新課題について考え、ディスカッションしました。 その一例が「日本のこどもの貧困問題」です。 多くの事実を示す情報やデータから、”結局何が言えるのか“を体 […]

» 続きを読む

「問題解決学Ⅱ」(下井 直毅 教授)平成30年秋学期第8講

2019年1月14日

授業の様子

<授業の内容・様子> 問題解決をする上で「解決」の技法に焦点をあてた第8回の講義では、中庭光彦先生にご登壇いただいた。 今回は、20世紀の開発経済学者のアルバート・ハーシュマンが提唱した「ハーシュマン・モデル」を紹介した […]

» 続きを読む

「医療介護マネジメントの実践知を学ぶ」(真野 俊樹 特任教授)平成30年秋学期

2019年1月14日

授業の様子

<授業の内容・様子> 全8講の講義に外部講師を招聘していただき、様々な観点から医療介護マネジメントの見地を広げる学びができた。 医療業界といえる医師の話や直接的には関与しない小豆島ヘルシーランドなどの話を聞き、実際に講師 […]

» 続きを読む

「立志人物論」(久恒 啓一 教授)平成30年秋学期第8講

2019年1月13日

授業の様子

「立志人物論」の8回目。 参加院生は13名。地下鉄早稲田駅から徒歩10分。新宿区立漱石山房記念館。 夏目漱石像と記念撮影。 以下、日本人院生の感想から。 ・最終講義ありがとうございました。本日の漱石山房記念館楽しく見学さ […]

» 続きを読む

「ヒューマンリソース概論」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第8講

2019年1月11日

授業の様子

「ヒューマンリソース概論」第8講 受講生の感想 第8講は「思い」のマネジメントのキーコンポーネントである「思いのピラミッド」がテーマでした。MBBを達成するためには、「しみじみ感」が必要である。ここでの「しみじみ感」とは […]

» 続きを読む

「日本の流通構造とSCMのメガトレンド」(西田 邦生 客員教授)平成30年秋学期第7講

2018年12月25日

授業の様子

12月22日(土)の西田担当「日本の流通構造とサプライチェーンマネジメントのメガトレンド」 午後11時から12時10分の講義の時間に、7000万人のTポイントカード会員を保有し、カフェ型ブックストアーを展開するTUTAY […]

» 続きを読む

「ビジネスジャパニーズⅡ」(藏夛 礼佳 客員教授)平成30年秋学期

2018年12月21日

授業の様子

<授業の内容・様子> 今回はプレゼンテーションの発表会です。 内容は「私の国」「私の町」です。 受講者はそれぞれ自分の国や故郷を紹介しました。 今まで授業で習ったこと(パワーポイントの効果的な作り方、伝わるプレゼンテーシ […]

» 続きを読む

「グローバル技術経営論」(楠田 幸久 客員教授)平成30年秋学期第6講

2018年12月20日

授業の様子

グローバル技術経営論  第六回 ライフサイクルイノベーション <授業の内容・様子> グローバル技術経営論も第六回となり、今回はジェフリームーアの「キャズム」「ライフサイクルイノベーション」を取り上げた。 このコンセプトは […]

» 続きを読む

「立志人物論」(久恒 啓一 教授)平成30年秋学期第7講

2018年12月15日

授業の様子

「立志人物論」の7回目。 本日のテーマは「日本への回帰」。 以下、日本人受講生。 ・外国の文化等に影響は受けるが、日本の良さを認識し、日本へと戻ってくること。坂口謹一郎、三輪壽雪、隅谷正峯、山下文男、辰濃和男、加藤周一、 […]

» 続きを読む

「ヒューマンリソース概論」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第7講

2018年12月13日

授業の様子

「ヒューマンリソース概論」第7講 受講生の感想 第7講は前回に引き続き「シャドーワーク」がテーマです。第6講で出された課題「自分自身がシャドーワークにどれだけ時間リソースをつぎ込んでいるのか」を顧みて院生同士で比較議論を […]

» 続きを読む

「カルチャーベースマネジメント」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第6講

2018年12月6日

授業の様子

「カルチャーベースマネジメント」第6講 受講生感想 早いもので気が付けばカルチャーベースマネジメントの講義も第6講の今回。 マイクロソフトの方が、サティア・ナデラCEOが就任したこの4年間を通じて劇的に変わった同社のカル […]

» 続きを読む

「グローバル技術経営論」(楠田 幸久 客員教授)平成30年秋学期第5講

2018年12月3日

授業の様子

グローバル技術経営論 第5講 製品のアーキテクチャー論 <授業の内容・様子> グローバル技術経営論は隔週土曜日の午後に行なっている講義で、グローバリゼーション、技術経営、イノベーションの定石を学んでもらい、そこから自分の […]

» 続きを読む

「立志人物論」(久恒 啓一 教授)平成30年秋学期第6講

2018年12月3日

授業の様子

「立志人物論」第6講 テーマは「修養」と「構想力」。 受講者の感想から 以下、日本人。 ・今回(11/30)の学びについて記述します。・修養(身を修め、心を養う):一生かけて人徳を磨いていくこと。二宮尊徳は苦学を重ね、生 […]

» 続きを読む

「ヒューマンリソース概論」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第6講

2018年11月30日

授業の様子

「ヒューマンリソース概論」第6講 受講生の感想 本日のテーマは『シャドーワーク』 仕事の傍ら、大学院に通う我々にとっては、まさに気になるテーマです。 学校の学びをどう活かすのか、会社側からどのように理解を獲得すべきなのか […]

» 続きを読む

「カルチャーベースマネジメント」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第5講

2018年11月23日

授業の様子

「カルチャーベースマネジメント」第5講 受講生感想  前回まで2回にわたって講義をしていただいた、スターバックスジャパンの企業カルチャーについて振り返ることからはじまった今回。 冒頭からグループ討議で頭はフル回転。 仕事 […]

» 続きを読む

「コンタクトセンタ」(宮﨑 義文 客員教授)平成30年秋学期

2018年11月19日

授業の様子

<授業の内容・様子> 今年度秋学期から日本の大学院MBA初、コンタクトセンタの経営活用を学ぶ講座として、現在7名の受講生が登録している。 受講者は留学生3名・社会人4名と企業経験や職務経験など様々であるが、少人数であるの […]

» 続きを読む

「企業会計・簿記入門」(井村 順子 客員教授)平成30年秋学期

2018年11月19日

授業の様子

企業会計・簿記入門の授業は、そのタイトルのとおり会計の基礎知識を身に着けることを目的としています。 ファイナンスや財務分析の授業に役立つような基礎的な内容を中心にテーマを選んでいます。 また、日頃、会計に触れることのない […]

» 続きを読む

「立志人物論」(久恒 啓一 教授)平成30年秋学期第5講

2018年11月17日

授業の様子

「立志人物論」の第5講 「怒涛の仕事量」がテーマ。以下、受講者の感想から。 日本人社会人 ・怒涛の仕事量というテーマの中、今回は主に漫画家や物書き(歌人、小説家等)の方々が数多く紹介されておりました。仕事に向き合い没頭し […]

» 続きを読む

「ヒューマンリソース概論」(徳岡 晃一郎 研究科長)平成30年秋学期第5講

2018年11月17日

授業の様子

「ヒューマンリソース概論」第5講 受講生の感想 後期の授業は、前期の基礎編を前提にさらに深みが増してまいりました。 それは、自身の抱えている問題、課題に合致しているからだと思います。 受講に際し、MBBの本を読んでから望 […]

» 続きを読む

Page top