教員紹介

須東 朋広

(Sudo Tomohiro)

職名 客員教授
担当科目

組織行動とリーダーシップ


メッセージ

組織と働く人のプロフェッショナルのための理論と実務を融合

プロフィール

多摩大学大学院 経営情報学研究科 客員教授(組織行動論)

一般社団法人組織内サイレントマイノリティ 代表理事、専修大学 経営学部 非常勤講師(キャリア論)、NPOキャリア権推進ネットワーク研究部会副部長、HR総研客員研究員。

2003年、最高人事責任者の在り方を研究する日本CHO協会の立ち上げに従事し、事務局長として8年半務める。 2011年7月からはインテリジェンスHITO総研リサーチ部主席研究員として日本的雇用システムの在り方の研究から中高年、女性躍進、障がい者雇用、転職者、正社員の雇用やキャリアについて調査研究活動を行う。 2016年10月、組織内でなんらかの理由で声を上げられない社員が増え、マジョリティ化しつつある。働く人全てがイキイキ働き続けるために『一般社団法人組織内サイレントマイノリティ』を立ち上げる。

主要著書

「CHO~最高人事責任者が会社を変える(共著、東洋経済新報社)」「キャリア・チェンジ!(共著、生産性出版)」

その他学会での講演、業界誌労政時報、賃金実務、人材教育などへの出講多数。