真の実践力を養う 超実学志向ビジネススクール 多摩大学大学院 真の実践力を養う 超実学志向ビジネススクール 多摩大学大学院

少人数クラスだから、深く、濃く、丁寧に学べる
品川駅から2分。仕事を続けながらMBAを取得できます。

ビジネスデータサイエンスコース 5つの特長

データサイエンスによる「知の再武装」を図る

多摩大学大学院は『実学』志向。少人数実践教育をもとに、ビジネスデータサイエンスを理論ではなく、武器として修得をすることを目指します。

2年を待たずに成果を得る

成果を出すのに2年も待てないということが多いはずです。月に一回(土曜日)、院生が抱える課題について発表・議論する場を確保し、「今、解決したいことは今、挑む」というスタイルを採用します。

充実の講師陣によるビジネスデータサイエンス実践

実学とサイエンスとの融合。データ分析、データマネジメントのスペシャリストに加え、コンサルティングや戦略立案などを行ってきた経験豊富な教授陣が指導を行います。

先端事例と現場で活躍中のデータサイエンティストに学ぶ

最前線で活躍中のデータサイエンティストによるオムニバスの講義を展開することで、アカデミックとビジネスデータサイエンスの現場をリンクした学びの場を展開します。

ビジネスパーソンならではの学びをサポート

平日週2日+月1回土曜日、通学しやすい都心キャンパス(品川)で開講。ビデオ補講もあります。MBAコースの講義も受講でき、社会人の学習支援対象コースとして補助金の活用も可能です。(厚生労働省の教育訓練給付制度の対象コースです)

学びのポイント

佐藤 洋行

実際のビジネス現場でデータ活用プロジェクトに多数関わってきた経験を基に、データサイエンスの最前線とそこから得られるエッセンスをお届けします。


志賀 敏宏

ビッグデータ時代にBusynessでなくBusinessを。解析に値する目的・問題設定力と構造構築力を身につけて、Monkey Operatorでなくビジネス・データ・サイエンティストになりましょう。


久保田 貴文

ビジネス現場においてデータで語るための統計的思考力とデータの背景を把握するための実践的分析力を高め得られた結果をエビデンスとして心に響く提案をサイエンスします。


Page top

Page top